Home

Visual標本箱

  • Older

Gallerie dell'Accademia, Venice (アカデミア美術館、ヴェニス)-1-

モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk



2018年11月13日(火)~19日(月)の期間、ベルギー出張のため、
KotomiCreations Etsy ショップはクローズしています。
19日(月)の夜には再オープンして、通状営業に戻ります。


うふふ・・・、来年の9月のヴェニス滞在、ホリデー・アパートのみならず、エアライン・チケットまでとってしまったこの人達・・・、直前にケガしたり、病気になったりしないように気をつけなきゃね。
来週はまた、ベルギーのナミュールに出ています。とか書いていたら、旅行好きと思われていることが実に多い。
でも、実際のところは・・・、旅行はあんまり好きじゃないんです(笑)。
出不精で、知っているところにじっとしているのが結構好きな方。鉄道はそうでもないけど、エアライン移動は面倒くさい。
どちらも3時間以上乗っているのは苦手。ホテルは不便なので、アパートメントに1週間ぐらい滞在するのが好き。外食が面倒くさいので(待つのが嫌い)、キッチンのあるところで、自分の好きなものを、さっさと食べたい。知らないところに行くより、知っているところに何度も行く傾向あり。いわゆる・・・、アスペルガー傾向強いです(笑)。
ただただ、古風な装飾アート・インテリア・建築が好きなので、そして、地図やタイムテーブルを読むのが好きなので、オタク度の高い旅行を結果的に、してしまっている感じはあるのだけれど。

さて、今回の本題は、そんなにオタク度は高いわけじゃないけど、Gallerie dell'Accademia, Venice (アカデミア美術館、ヴェニス)。
18世金に始まった、美術学校(アカデミア)が、現在では14-18世紀のヴェネチア絵画を展示する、美術館となっている。


Gallerie dell'Accademia, Venice
正面はネオクラシカルなので、
この建物自体が18世紀のものと思い込んでいた。

Gallerie dell'Accademia, Venice
エントランス・ホールでチケットを買って、
順路は階段を上がった上階から始まる。

Gallerie dell'Accademia, Venice
で、最初の展示室が、好きな分野の中世後期~初期ルネッサンス絵画の展示室で、
で、またこの天井装飾なものだから、テンション上がる。

Gallerie dell'Accademia, Venice
シンプルで直線的な様式になっていく18世紀に、
これを作ってしまうヴェニスってすごすぎ・・・!?
とか思ってみていたのだけれど、
wiki英語版によると、どうやら、この建物自体は、
ナポレオンによって解散させられた、修道院跡が使われたそう。

Gallerie dell'Accademia, Venice
建物は14世紀に遡るのだそうで・・・、どうりで・・・と納得がいく。


Jacobello del Fiore, 1400-1439
Jacobello del Fioreの14世紀前半の華麗なトリプティク(三連祭壇画)、
「Justitia Triptych(ジャスティティア=正義の女神)のトリプティク」
左右は、大天使ミカエルとガブリエルのコンビ。

Michele di Matteo, 1410-1469
Michele di Matteoの、ヴェニス・聖エレナ教会のポリプティック(多翼祭壇画)。
主にボローニャで活動した15世紀の画家。

Gallerie dell'Accademia, Venice
センターパネルのチャーミングな聖母子。

Paolo Veneziano, 1333?-1362
リフレクションがどうしようもなかったんだけれど・・・、
14世紀中頃のPaolo Venezianoのポリプティック祭壇画。

Gallerie dell'Accademia, Venice
センターパネルの聖母戴冠をクローズアップで。
まだとてもビザンティン・アイコンの影響が強く残っていて、
様式的だけれど(だからこそ)華麗。

Gallerie dell'Accademia, Venice
これは作品ディティールを撮ってこなかったので、不明だけれど、聖母子。
15世紀の感じかなー。ローブやヘイロー(円光)の装飾性がたまらん・・・(笑)。

Catarino, 1362-1390
14世紀後半のCatarino da Veneziaの聖母戴冠。

Incoronazione della Vergine, Stefano -Plebanus- di Sant'Agnese, 1369-1385,
これも同じテーマの聖母戴冠で、同時期のStefano Venezianoの作。

Gallerie dell'Accademia, Venice
天使のクローズアップ。
これも、とてもビザンティン風。

Polittico Lion con l'Annunciazione, Lorenzo Veneziano, 1356-1372
とりわけ華やかな、Lorenzo Venezianoの受胎告知のポリプティック。
さっきからみんなVeneziano(ヴェネチアーノ)が名前に付くのだけど、
一族だったのか、単にみんなヴェニス出身だったからそう呼ばれるのか、
そのあたりは調べがつかなかった。

Gallerie dell'Accademia, Venice
クローズアップ。お美しい・・・。

Gallerie dell'Accademia, Venice
建築のようなこの構成。

Gallerie dell'Accademia, Venice
その習作なのか、よく似た構図で、
同じく14世紀後半、Lorenzo Venezianoの受胎告知のポリプティック。
上の本番作品の研ぎ澄まされた表現と違って、
もう少しまったりと柔らかい表現。

Madonna della Misericordia tra i santi Giovanni Battista e Giovanni Evangelista, Jacobello del Fiore, 1400-1439
14世紀前半Jacobello del Fioreの、
Madonna della Misericordia, i Santi Giovanni Battista e Giovanni Evangelista
(洗礼者ヨハネと福音書記者ヨハネの間の、慈悲の聖母)
このマントで衆生を覆う「Virgin of Mercy(慈悲の聖母)」の図像は、イタリアから広がったもの。

Incoronazione della Vergine in Paradioso e committente, Maestro di Ceneda, 1439-1484
15世紀のMaestro di Ceneda(セネダのマエストロ)、
Incoronazione della Vergine in Paradioso e committente,
(天国での聖母戴冠と奉納者)
なんだけれども・・・写真では下に、奉納者一族のポートレートを見切っていて、
これは天界のシーン。

Gallerie dell'Accademia, Venice
なんかこう・・・建築的表現のあるものに、ソフトスポットあり。

次は、部屋が飛ぶけれども、この展示の後に入れると収まりが良さそう。

Gallerie dell'Accademia, Venice
16世紀の、Titian(ティツィアーノ)の Presentation of the Virgin(聖母の奉献)の部分。
(全体は<このページ>に。)
で、ティツィアーノの絵画・・・というよりか、これが描かれている環境というのが・・・、

Gallerie dell'Accademia, Venice
こんな・・・、

The Presentation of the Virgin Mary in the temple, Tiziano Vecellio, 1488(90)-1576
こんなことに。

Gallerie dell'Accademia, Venice


Gallerie dell'Accademia, Venice
天井がすごすぎ・・・。
なんだけれど、これは19世紀のリヴァイヴァル様式の頃に導入されたものではないかな・・・、
と、裏を取ってないけど、写真を拡大してみて感じる。
なにかこう・・・表現がスムースすぎるような。

Antonio Vivarini e Giovanni d'Alemagna, 1446
窓の間に展示されている、15世紀中、
Antonio Vivarini と Giovanni d'Alemagna合作のトリプティック聖母子像。
どことなく、私の好きなCarlo Crivelli(カルロ クリヴェッリ)要素の見られる表現。
クリヴェッリって独特だと思っていたけど、
同時代にちょっと似かよったスタイルの画家もいたんだな・・・と気がついた。

そして、なんでまた自分は14世紀~15世紀の絵画が好きかというと、
装飾的な(金箔張りの)テンペラ画だからなんだと思う。
テイストの根っこが工芸ですから・・・。
油彩に移行すると、ぐっと興味なくなる傾向あり(笑)。

ではまた次回も、この美術館より続編を。






Gallerie dell'Accademia (アカデミア美術館)
独特の開館時間:火~日 8:15am ~ 18:15pm、月 8:15am ~ 13:00pm
(閉館45分前にチケット販売終了)

地図:









*************************

by KotomiCreations



Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2





  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Index of all entries

Home

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails