Home

Visual標本箱

  • Older

Ham House (ハム・ハウス)-3-

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2014-11-28 Fri 10:00:00
  • 場所
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


National Trust (ナショナル・トラスト)のHam House(ハム・ハウス)のイメージの3回目。 さて、今回でお屋敷内部は終わるかな・・・?


Ham House
前回のシノワズリの小部屋に隣接した部屋に架けられていた、
18世紀に描かれたハム・ハウス。
これはちょうどテムズ川と反対側に当たる、整形式庭園から見たところ。
今もあまり変わりはない・・・というところは、
また後の庭の写真でご理解いただけるかと。

Ham House
その部屋の天井画。これも油彩。

Ham House
天井画の角のあたり。
バロックなスフィンクス達。

Ham House
隣の部屋には再び見事なタペストリー。
時々タペストリーで、別の部屋から持ち込まれたり、
改装後に部屋のサイズが変わったりで、
タペストリーも部屋に合わせて拡大・縮小される場合がある。
この正面のタペストリーでも、左側に継ぎ足して、
長さを延長した後が見受けられる。

Ham House
その左側のタペストリー。

Ham House
窓際のライトとミラー。

Ham House
そのまた隣に続く、赤い壁紙の部屋。
貴族の生活を影で支える、使用人達の出入りするドアが真ん中に見える。
この後ろには廊下・階段が繋がっていて、これは使用人達の活動区域。
そんな風に使用人達の活動を「見えないところ」に追いやるのは、
18世紀以降の風習だそう。
それ以前は、屋敷主人家族も、使用人達も入り混じって暮らしていた。
ハム・ハウスでも18世紀に改装された時に、
裏の通路・階段が導入されたとか。

Ham House
これはダイニングルームで、正面入口ホールの奥に当たる。

Ham House
ドアが開け放されていると、正面入口がよく見える。

Ham House
食器は17-18世紀のデルフト焼き。
これがイングリッシュ・デルフトなのか、ダッチ・デルフトなのかまでは、
Pおじさんでもないと、私にはちょっと判断できないけれど。

Ham House
このへやで面白かったのが、このタペストリーと壁紙、どちらも革製。
タペストリーだと、食べ物のの匂いが付いて残るので、
革製のタペストリーや壁紙が使われたのだそう。
革壁紙はハーレムのフランス・ハルス博物館(元修道院)の部屋で見て、
珍しいなと思っていた。<このイメージ
その部屋ももしかすると、ダイニングルームだったのかも・・・
というのは、完全に想像。

Ham House
18世紀の屋敷にはまだ、表向きの「廊下」はないので、
こんなふうに部屋から部屋へとつながっている。

Ham House
17世紀のこの屋敷の女主人、
Countess of Dysart(ダイサート女伯)Elizabeth Maitland(エリザベス・メイトランド)の部屋。

Ham House
ご本人、の、肖像画はPeter Lelyが描いたもので、
オリジナルはV&Aにあるそう。
17世紀前半にハム・ハウスを所有したWilliam Murray, 1st Earl of Dysart
(初代ダイサート伯・ウィリアム・マーレィ)の長女で、この屋敷を相続する。

この女性が、たいがいな女傑。
父はチャールズ1世のアドヴァイザーだったので、ピューリタン革命にあたっては、当然王党派、革命勃発後フランスから帰国するが、逮捕されロンドン塔に収容されてしまう。 彼女も、夫Sir Lionel Tollemache(サー・ライオネル・トルマーシュ)共々、王党派なのだけれど、議会派のクロムウェルに、どうやら「色仕掛け」で接近し、懇親を保つ。
一方、チャールズ1世処刑後、亡命中の王太子チャールズ2世を支援して、王党派秘密結社 Sealed Knot(シールド・ノット=封印の絆)の集会にハム・ハウスを提供し、自らも、大陸へ王太子チャールズ2世に連絡を取りに渡ったりもする、お見事な、女スパイ。
クロムウェルの死後1660年に王政復古して、チャールズ2世が戴冠した時には、その功績から、年金を受領することとなった。
彼女の動き次第では、このハム・ハウスも、クロムウェル軍に破壊されて、現在は残っていなかった・・・かもしれない、ともいわれている。


Ham House
隣接する執務室。
この両部屋は、元々父(だったか、夫だったか・・・)の部屋だったそうで、
なので、壁の装飾に海戦が描かれていたりするのだそう。
あ、いや、充分お勇ましい奥方だけれど。


Ham House- Kitchen
お屋敷のメインの部屋から離れて、一度外に出て、
屋敷の右側に回り込んだところに、キッチンへの入口がある。

Ham House- Kitchen
17世紀の大きな暖炉に、19世紀にオーヴンが導入されている。

Ham House- Kitchen
中央の大きな調理テーブルに展示されているのは、
ここのキッチンガーデンで育った、17世紀由来の野菜たち。

Ham House
入り口左の小部屋は、チーズやハーブの保管場所?

Ham House
小さなオーヴンも設置されている。

Ham House
その奥の、バスルームも公開されている。


次回は、このキッチンの続きで、
ここで19世紀に暮らしていた、使用人達
(というか、従業員達といった方がしっくりくるけれど)の生活空間の話。
これは、9月にあった特別ツアーに参加した時のもの。
なので、毎月行っていたことになる。どうりで写真が多いわけだ・・・。
そんなわけで、まだやっぱり内部は続きますよ。

Ham House

Ham Street, Ham, Richmond, Surrey, TW10 7RS UK

地図:

View Larger Map















  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Index of all entries

Home

タグクラウド
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails