Home > Search Results

Search Results

  • Search: 博物館
Sir John Soane Museum (サー・ジョン・ソーンズ博物館) 再び -4- - Posted date: 2021-06-19 15:32:50
  • Sir John Soane Museum (サー・ジョン・ソーンズ博物館)から、やっと今回で最終回。地階から上階まで繋ぐメインの階段、大きいものではないけれど、これがなかなかフォトジェニック。壁がテクスチャーのあるイエローオーカーで、強力にグロス(艶あり)。光を取り込む工夫の一環かと。壁のグロスペイントは19世紀前半に流行っていたみたいだけれど、その後悪趣味ということになって、つい近年までマット(艶なし)ペイントが上...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 写真 建築 博物館 インテリア ミュージアム
Sir John Soane Museum (サー・ジョン・ソーンズ博物館) 再び -3- - Posted date: 2021-06-14 19:41:25
  • Sir John Soane Museum (サー・ジョン・ソーンズ博物館)から、引き続き。順路は絵画コレクションの展示室から。正面にはヴェニスを描いたカナレット作品が。ここにも天窓がとられているけれど、その脇の天井は、ゴシック風。側面にはピラネージ。この展示室の壁面は扉式になっていて、その扉の内面には、Hogarth(ホガース)のコレクションが収められている。その昔は、この展示室に何人かヴィジターが集まると、アテンダントの...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 写真 建築 博物館 インテリア ミュージアム
Sir John Soane Museum (サー・ジョン・ソーンズ博物館) 再び -1- - Posted date: 2021-05-30 19:34:46
  • 無事、夏日に突入したロンドン。ロンドンに四季というのはなくて、あるとしたら二季、冬か夏か。ただそれがきっぱりと分かれてなくて、夏と冬が入り乱れている・・・そんな印象。 ともあれ、おそらく・・・暖房器具はもういらないであろうというので、屋根裏にしまっている扇風機や空気清浄機(花粉症対策)と入れ替え作業をしておりました。今回は、ロンドンでも屈指の奇妙な博物館、Sir John Soane Museum (サー・ジョン・ソ...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 写真 建築 博物館 インテリア ミュージアム
Enlightenment Galleries, British Museum (エンライトメント・ギャラリーズ、大英博物館) - Posted date: 2021-05-25 09:00:00
  • 後1週間ばかりで6月だというのに、寒いですねぇ。気温が15℃を超えんのです(夜は10℃以下で要暖房)。で、連日の曇り空に、にわか雨。庭仕事がはかどらないので(花も、発芽も遅いし)、クサリ気味の初心者マーク庭師です。昔でいうなら「飢饉の年」だよね、今年って・・・と思う。ペーターおじさんの、ガーデニング一言アドバイス「Patience(我慢)」というのを、イライラ噛み締めております(おじさんは、私のイラチをよくご存知...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 未分類
  • Tag: 博物館 ロンドン インテリア ミュージアム 写真 London
Pantheon sculptures, British Museum(パンテオン彫刻、大英博物館) - Posted date: 2021-05-21 09:00:00
  • コロナ・ロックダウンも徐々に緩まってきて、今日から屋内のカフェ・レストランや、博物館等、屋内のエクササイズ・クラスも再オープンのロンドンです。ワクチン無しで感染しても全く問題なし、ほぼ無症状だったことを自覚している自分としては、逆に自前の優秀な(?)免疫力を乱す可能性のある、ワクチンを打つ気は無いので、そうすると海外旅行が不便になる(もしかすると、国内のレストラン・博物館などにも、ワクチンパスポー...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: 博物館 ロンドン 写真 彫刻
Leighton House Museum, London(レイトン・ハウス博物館、ロンドン) - Posted date: 2021-05-16 14:54:32
  • 今回も前回に引き続き・・・、濃厚にデコラティヴだけれど、チャペルや教会ではなくて、19世紀の画家の邸宅。Frederic Leighton(フレデリック・レイトン)の屋敷が、Leighton House Museum(レイトン・ハウス博物館)として公開されている。裕福な中流家庭で育って、ヴェニスのアカデミアを始めとする、コンチネント(ヨーロッパ大陸)で美術教育を受け、ロンドンに戻ってからもトレンディなラファエル前派と、美術の殿堂ロイヤル・...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 建築 博物館 絵画 美術館 インテリア
The Wallace Collection(ウォレス・コレクション) -5- - Posted date: 2021-03-28 09:00:00
  • The Wallace Collection(ウォレス・コレクション)より最終回は、West Galleryより。West Gallery(西ギャラリー)は、この部屋から始まって、まだこの先に繋がっているのだけれど、このとき公開されていたのは、この展示室の半分まで。コロナ騒動の影響で、キャビネットを覗き込む形式の展示が難しかったのかもしれないけれど。この展示室で最も目を引く、フランス画家、Ary Scheffer(アリ・シェフェール)の、19世紀中頃の作品...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: 博物館 ロンドン インテリア ミュージアム 絵画 London 美術館
The Wallace Collection(ウォレス・コレクション) -4- - Posted date: 2021-03-22 09:00:00
  • 引き続き今回も、The Wallace Collection(ウォレス・コレクション)より、East Gallaries(イーストギャラリーズ)に展示されているオランダ絵画から、目に留まったものをとりとめなく。「パンを運ぶ少年」Pieter de Hooch(ピーテル・デ・ホーホ)蘭語発音だとホーホなんだけれど、自分的には英語発音のフーチの方が親しめるかな。17世紀のオランダの生活を描いた画家。建築とインテリアの描写が多くて、大いに様式や佇まいの参...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: 博物館 ロンドン インテリア ミュージアム 絵画 London 美術館
The Wallace Collection(ウォレス・コレクション) -3- - Posted date: 2021-03-17 09:00:00
  • 今回もまた、The Wallace Collection(ウォレス・コレクション)より、続編を。順路の次は、Small Drawing Room(小ドローイング・ルーム)と呼ばれる部屋。絵画はフランス18世紀のロココ、Watteau(ヴァトー)や、その弟子にあたるJean-Baptiste Pater(ジャン=バティスト・パテル)等の、Fête galante(雅宴画)のコレクションが中心。部屋の片隅にあった、エナメル製のAlmanac(暦)。絵画より、こういう工芸的なものについつ...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: 博物館 ロンドン インテリア ミュージアム 写真 London
The Wallace Collection(ウォレス・コレクション) -2- - Posted date: 2021-03-12 09:00:00
  • The Wallace Collection(ウォレス・コレクション)から、引き続き。順路に沿って、次の華やかな部屋へ。マントルピースの中央にある、球体状のものも時計。それを挟んだ彫像は、ルイ16世に助言を授けるミネルヴァを描いたもの。部屋の奥のキャビネットには、ロココ様式のPorcelaines des Sèvres(セーヴル焼)ポーセリンがディスプレイされている。重厚なシャンデリアが天井に接する、ローズには・・・、太陽神アポロがレリーフで...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: 博物館 ロンドン インテリア ミュージアム 写真 London
The Wallace Collection(ウォレス・コレクション) -1- - Posted date: 2021-03-07 09:00:00
  • 今回からは、ロンドンの中心部にあるミュージアムThe Wallace Collection(ウォレス・コレクション)のイメージを。19世紀のフランス系貴族ハートフォード侯爵リチャード・シーモア=コンウェイのコレクションを中心に、1900年より一般公開されているミュージアム。詳細は上記リンク先の日本語Wikiで。訪れたのは2020年10月初旬で、コロナ騒動からの予約入場制で公開していた時期。現在はロックダウン再閉館で、予定では5月17日か...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: 博物館 ロンドン インテリア ミュージアム 写真 London
V&A Wandering(V&Aを彷徨う) - Posted date: 2021-03-02 09:00:00
  • 今回は、しばらく続いたV&Aシリーズのしめくくり、ということで、展示室やテーマでひとくくりにできなかった、断片的なイメージを色々と並べて、巨大なV&Aを足の赴くまま、さまよい歩いている・・・というイメージで。昨年9月に訪れたときのイメージと、そのまた以前に撮ったもの、いろいろまぜこぜです。最初は、V&Aのメインエントランス。といっても昨年の9月の段階では、コロナ拡散防止の一方通行制で、ここは出口専用。Exhibit...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム
V&A British Galleries (V&A ブリティッシュ・ギャラリーズ) - Posted date: 2021-02-14 20:56:07
  • 2週間の寒波の話はまるでウソ。 5日ぐらい氷点下前後が続いただけで、今日からは5℃前後の気温で、明日には13℃になるのだそう。相変わらずまったりいい加減な、ロンドンの冬。今年はアムスのカナルも凍って、スケートできたそうだし、ドイツのバンドの兄ちゃんのインスタでは「-14℃」とか言ってるし、コンチ(コンチネンタル=大陸ヨーロッパ)はマジで寒かったようだけれど。昨年の9月に訪れたV&Aから、今回はBritish Galleries(...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム
V&A Medieval rooms (V&A 中世ヨーロッパ) - Posted date: 2021-02-09 12:23:26
  • 今日は、まれに見る雪のロンドンです。今週来週と、氷点前後の気温が続くそうで、明日の夜はマイナス6度の予報、本当かなぁ~。明日はいいお天気そうだけれど、寒い中あるきまわって(吹雪の中、ハンブルグの倉庫街を撮っていた・・・笑)モバイルフォン死にかけさせた事があるので、明日は撮影に出かけずにおとなしくしていようと思う。さて、本題は、引き続きV&Aより、今回は中世関連の展示室を。前回のルネッサンス室の大聖堂ス...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム 中世ヨーロッパ
V&A Sculptures (V&A 彫刻) - Posted date: 2021-02-02 09:00:00
  • 前回に引き続き、V&A(ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム)より、ルネッサンス彫刻~彫刻展示室のイメージを。前回のCast Courtsが修復でクローズされていた間、最もV&A的なヴューはこの部屋、Medieval&Renaissance(中世・ルネッサンス室)だったと思う。16世紀フローレンスのアポロの後ろは、16世紀オランダの大聖堂のスクリーン(間仕切り)。アポロとペアになって立つのは、西風の神、ゼファー。いつでも優男に...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム 彫刻 ルネッサンス
V&A Cast Courts (V&A カースト・コーツ) - Posted date: 2021-01-28 11:00:00
  • 相変わらずの曇天の続く中、昨日は昨年から発注していたシカモアの大木の伐採の日だった。一昨年に隣の隣人たちが、隣に伸びている部分を、きつく刈り込んで(敷地内に侵入してきた木は切っていいことになっている)、ウチは相変わらず伸ばしっぱなしだったので、とてもバランスがおかしいことに。下のフロアのおばさんが、強風の日にウチに向かって傾いで揺れている・・・と心配するものだから、そしてまたその伸びた大枝の一つが...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム 美術館
V&A Jewellery (V&A、ジュエリー室) -9- - Posted date: 2021-01-01 09:00:00
  • あけまして、おめでとうございます。また今年も奇妙な年の延長線上にあるようですが、できなくなったことを悔しがるより、まだできること、今だからできることを目一杯楽しもうと思いますよ。いやまぁ、もともと人付き合いしないウチなので、実はほとんど生活に変わりなし。それより、コンチネント(ヨーロッパ大陸)の街によく滞在していた者としては、ブレクジットの方がパスポートを早い目に更新する必要があったり(UKパスポー...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム ジュエリー
V&A Jewellery (V&A、ジュエリー室) -8- - Posted date: 2020-12-28 09:00:00
  • まだまだ引っ張る、V&Aのジュエリー・シリーズ。今回と次回は、トラディショナル・ジュエリーという区分で展示されているものを。フォーク・ジュエリーと呼んでもいいのだろうけれど、今までのジュエリーが、その時代のトレンド、ファッション、製造技術の進歩を背景にして、移り変わっていくものだとしたら、このジャンルは反対に「伝えられてきて、伝えられていくもの」変わらないことを目的としたジュエリーといえる。Pendant (...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム ジュエリー
V&A Jewellery (V&A、ジュエリー室) -7- - Posted date: 2020-12-23 09:00:00
  • V&Aのジュエリーコレクションのシリーズ、今回は19世紀末期~20世紀初頭アール・ヌーヴォー・ジュエリーから、20世紀のジュエリー、でも、自分の好きなタイプだけ・・・(笑)。The Whitelands May Queen's cross, England, 1893, designed by the artist Arthur Severn, Gold, Based on the hawthorn, sometimes known as May blossom1893年のイギリス製メイクィーン・クロス。アール・ヌーヴォー(というか、アーツアンドクラフ...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム ジュエリー
V&A Jewellery (V&A、ジュエリー室) -6- - Posted date: 2020-12-19 09:00:00
  • 今回もまたV&Aミュージアムのジュエリー室から、引き続き19世紀ジュエリーを。19世紀特有の「XXリヴァイヴァル」スタイルを色々と。19世紀ジュエリーの展示パネルの一つは、ルネッサンス・リヴァイヴァルジュエリーのディスプレイ。The Canning Jewel (a mermen), Western Europe, probably 1800-60, enamelled gold with diamonds, rubies, baroque pearls and blister pearl19世紀前半から中頃の西ヨーロッパ製と思しき、マーメ...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム ジュエリー
V&A Jewellery (V&A、ジュエリー室) -5- - Posted date: 2020-12-15 09:00:00
  • V&Aミュージアムのジュエリー室から、今回も引き続き19世紀ジュエリーを。Necklace and Pendant cross, England, about 1810, Brilliant-cut paste (glass) set in silver, backed with gold1810年頃のイギリス製ペンダント・ネックレス。石はペースト(ガラス)でシルバーにセッティングされているので、当時としては、やや安価な「アクセサリー」。そのクローズアップ。いやそれでも、充分かわいいけれど。現在でも使えるデザイ...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム ジュエリー
V&A Jewellery (V&A、ジュエリー室) -4- - Posted date: 2020-12-11 20:30:36
  • V&Aミュージアムのジュエリー室のイメージから、今回は19世紀ジュエリーに入っていきます。Belt clasp with a cameo of the head of Medusa, France, Paris, about 1780-1800, gold and enamel with a cameo of layered agate厳密に言えば18世紀末のフランス製、ベルト留め(クラスプ)。アゲートのカメオでメデューサの頭が描かれている。18世紀末から19世紀初期は、ネオクラシカルなスタイルがファッションやジュエリーでもトレ...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム ジュエリー
V&A Jewellery (V&A、ジュエリー室) -3- - Posted date: 2020-12-06 20:01:41
  • ようやく、一ヶ月かかった庭の竹との格闘も終わって、ようやく(土木造園作業手ではなく・・・)穏やかなガーデニングが戻っときたところ。(いやまた、春に再生シュートとの戦いは続くのだろうけれど・・・。)また、この話も、いつかこのV&Aジュエリー室の話が終わった頃にでも。そうこうしているうちに、世間のロックダウンも終わって、ジムやズンバのクラスも再開された。基本が隠者暮らしで、人とほとんど付き合わない上に、...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム ジュエリー
V&A Jewellery (V&A、ジュエリー室) -2- - Posted date: 2020-11-25 16:53:49
  • V&Aミュージアムのジュエリー室のイメージ、今回は17世紀ジュエリーを。Heart-shaped pendant with IHS monogram, Spain, 1600-5016世紀前半の、スペイン製のペンダント。これもギリシャ語でジーザスIHΣΟΥΣ (Jesus)の略語IHSモノグラムが、クオーツのハート型の下に収められている。Reliquary Cross, Probably Italy, 1600-25聖遺物の収められた、クオーツのクロスは、17世紀のイタリア製と思われる。Pendant with Behold the Man ...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム ジュエリー
V&A Jewellery (V&A、ジュエリー室) -1- - Posted date: 2020-11-20 17:00:00
  • 長々と引きずった、ヴェニスのシリーズが終わって、標本箱はロンドンへ帰還。今回からは、V&Aミュージアムのジュエリー室のイメージを。2年前に、日本からの友人と訪れたときに、以前は撮影禁止だったのが、(フラッシュ無し)撮影可になっていて、大感激したのはまるで昨日のことのよう。(その話は<このページ>に。)そのときに撮っていたものと、2019年5月にまた撮りに行ったもの、今年(2020年)のロックダウン1.0明けに撮り...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ロンドン 博物館 V&A ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム ジュエリー
Museo del Merletto, Burano(レース博物館、ブラノ) - Posted date: 2020-10-09 09:00:00
  • 今回は、昨年の9月にBurano(ブラノ)島で訪れたレース博物館のイメージを。ブラノ島はレース手工芸で有名なのだけれど、この伝統は15世紀末~16世紀後半に領土としていたキプロス島から、海運物品が輸入されるようになって、島の女性に間に広まったもの。 レース工芸はいろいろな手法があるのだけれど、ブラノ島では、刺繍のように針を使って「縫い込んでいく」ニードル・レースが主流で、ボビン・レースの割合は低いのだそう。...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: ホリデー イタリー venice Brano ブラノ museum 博物館 レース ヴェニス
Museo di Palazzo Grimani、Venice(パラッツォ・グリマニ博物館、ヴェニス)-2- - Posted date: 2020-09-27 15:34:38
  • 昨年9月に滞在していたヴェニスより、Museo di Palazzo Grimani(パラッツォ・グリマニ博物館)のイメージの続編を。これを撮りに行ったようなものだから、前回も載せたけれど、もう一度載せてしまう。このTribuna(トリビューナ)室のイメージをもう少し。壁を飾るネオクラシカルなNiche (ニッチ=壁龕)に合わせて、彫刻がアレンジされている。で、あれ?左下にいるのは・・・、Antinous(アンティヌー)君ですね。って、見ただけ...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: 博物館 ヴェニス イタリア ホリデー ミュージアム
Museo di Palazzo Grimani、Venice(パラッツォ・グリマニ博物館、ヴェニス)-1- - Posted date: 2020-09-22 15:41:22
  •  前回のポストから、冒頭にいつも出していた「モバイル用、Bloggerバージョン」の表記がなくなったのに、お気づきだろうか・・・?見苦しい広告が出ないので、モバイル・ディヴァイス(スマホとかパッドとか)にはこちらの方がよろしかろうというので、バックアップも兼ねて(FC2って全然信用してないし・・・笑)、Bloggerの方でも全く同じ内容の標本箱をアップしてきていた。ところが、これもまた「更新」の一環なんだか、Blogg...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: 博物館 ヴェニス イタリア ホリデー ミュージアム
Mocenigo Palace Museum, Venice(モチェニゴ博物館、ヴェニス) -2- - Posted date: 2020-07-23 21:49:37
  • モバイル用、BloggerバージョンMobile version on Blogger:http://kotomicreations.blogspot.co.uk- KotomiCreations Etsyショップ、夏季休業のお知らせ -7月28日(火)~ 8月18日(火)の間、KotomiCreations Etsyショップは、夏季休暇で閉店しています。8月19日(水)より、通常営業に戻ります。よろしくおねがいします。今年も、まだいろいろ不便・不自由ではあるものの、例年どおりノルマンディーの夏休み(季節労働?)に...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: 博物館 ヴェニス イタリア ホリデー ミュージアム
Mocenigo Palace Museum, Venice(モチェニゴ博物館、ヴェニス) -1- - Posted date: 2020-07-17 10:45:59
  • モバイル用、BloggerバージョンMobile version on Blogger:http://kotomicreations.blogspot.co.ukロックダウンも少しずつ緩くなってきて、少しずつ日常生活を取り戻しつつある、ロンドン。ヘアサロンもオープンしたし、25日からジムもオープンするとか。それはいいのだけれど、フェイス・カヴァーしろとか、消毒ジェル使えとか、こっちから入って一方通行とか、ここに立てとか・・・が、新しいことに順応しない中年おばさんには...
  • Posted by: Kotomicreations
  • Category: 博物館・美術館
  • Tag: 博物館 ヴェニス イタリア ホリデー ミュージアム

Index of all entries

Home > Search Results

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails