Home > 音楽 Archive

音楽 Archive

Reading (レディング)の街と、Salvation AMP(サルヴェーションAPM)のライヴ

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2016-11-02 Wed 20:42:11
  • 音楽
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


ノルマンディー話がやっと終わって、標本箱がUKに戻ってきた・・・けれど、ちょっと話題が「ナニ」です(笑)。
昨年のクリスマス前に、ドイツにオッカケしに行っていた、ドイツのダーク・ウェーヴ・バンド、Salvation AMP(サルヴェーションAPM)が(その時の話は<このページ>に)、ノルマンディーから帰ってきてすぐの土曜の夜、ロンドンから西に60km出たところにあるReading(レディング)という町で、ライヴ出演のためUKにやってきた。
今年の初めの話では、エディンバラのイベントに参加する話だったのだけれど、そのイヴェントが実現しなくなって、紆余曲折でレディングで開催ということだったらしい。(レディング・フェスティヴァルと関係しているようで・・・、本体のフェスティヴァル自体は翌週なので、関係してないのかも・・・?)
そのイベントというのは、スイスのゴス/ダーク・ウェーヴ系ライヴ・ハウスの主催で、金・土の週末2夜にかけて、ドイツ・スイスの「その手」のバンドの全12バンドが出演するSacrosanct(サクロサンクト)で、サルヴェーション・チームはその後半土曜日の出演。
いやもう、エディンバラに比べたらレディングはほんの「そこ」だし、ホリデー明けでまだすべてがごちゃごちゃだったけれど、撮影に向かうことにした。

ライヴ自体は夜で、バンドのメンバーもマネージャーのアニーも、土曜のイベント参加のバンド全員のパッケージ・ツアー状態でドイツからUK入りしているので、私とは連絡が取れずじまい。
私の方はというと、鉄道網の要所なので、UKの西方面に旅行に出ると必ず通るレディングなのだけれど、通過するだけで、街を見たこともなかったので、早い目に出て昼間は街を散策しては、街並みを撮影していたのだった。
まずはその、街の様子から。


Reached Reading station
レディングの駅に着いたよー、と、連中にインスタで知らせるも・・・
(インスタでフォローしあっている)、
自分らのフライトを上げたっきり、インスタ開けてなかったら、
分かるわけないやん・・・(笑)。

Reading - town
増築された大きな駅なのだけど、
これは一番古い部分。

Reading - town
駅前の彫像はエドワード7世、
ヴィクトリア女王の息子。

Reading - town
駅前から続くハイストリート。
レディングのレンガが赤い。
レンガは、その地域で採れる土を使うため、
地域によって出来上がるレンガの色も変わってくる。
レディングは、19世紀に東西南北に走る鉄道網の要所だったので、
いろいろな地方からの、いろいろな色のレンガが手に入りやすく、
なので、そのコントラストを生かした建物がよく建てられた・・・、
と、どこかで読んだ覚えがある。

Reading - town
この建物も、その例。

Reading - town
古そうだけど・・、19世紀のチューダー・リヴァイヴァルかな?

Reading - town
手前がタウン・ホールで、奥に見えるのがレディング・ミュージアム。
実はここには、ノルマンディーはバイユーにある、
バイユー・タペストリーの19世紀リプロダクションが展示されている。
バイユーのものも、数年前初めてノルマンディーをドライヴした時に、
見に行ったのだけれど、本家は撮影禁止。
(まぁ、900年以上経っているものだから、
見学者が間違って発光してしまうかもしれないフラッシュが、
保存上危険ということかもしれないけど。)
ここのリプロはフラッシュなし撮影OKなので、
ガンガン撮ってきましたよ・・・の話はまた次回にまとめて。

Reading - town
レディングはテムズ川沿いの街でもある。
ここにボートを浮かべて、ユラユラ流されてきたら、ウチに帰れる^^。
せっかく川沿いを撮りに行ったのに、にわか雨にやられる。

Reading - town
雨はあっという間に通り過ぎて、青空が見え始めた。

というあたりで、もう5時前。
ティクアウェイのスナックを買って、今夜の宿の安ホテル
にチェックインして、食事して、しばし休憩。
ホテル近くの、ライヴハウス会場へ向かった。
開場は6時からだけれど、サルヴェーションが出るのは8時過ぎだそう。

Salvation AMP live - Sacrosanct
「物販コーナー」を担当しているマネージャーのアニーを発見。
スペースがあるので、荷物を置かせてもらったりして、くつろぐ。
なんだか、学祭思い出すよな、この雰囲気(笑)。
(ちなみにこのTシャツ、バンブー素材のもので、
とても着心地がいい。私も2枚持っててジム・シャツとして愛用中。)

Salvation AMP live - Sacrosanct
アニーと、アニーのパートナー、バンドのフロントマン、クリス。

Salvation AMP live - Sacrosanct
ドラムスのスティーヴと、ベースの通称ケーヴマン。

Salvation AMP live - Sacrosanct
スケジュールは少しずつ遅れこんできていたけど、
8時半にはサルヴェーションAMPがステージに出る。

Salvation AMP live - Sacrosanct
後はもう、撮影したり踊ったり(笑)で忙しい。

Salvation AMP live - Sacrosanct


Salvation AMP live - Sacrosanct

Salvation AMP live - Sacrosanct

Salvation AMP live - Sacrosanct

Salvation AMP live - Sacrosanct

Salvation AMP live - Sacrosanct

Salvation AMP live - Sacrosanct

Salvation AMP live - Sacrosanct

オーディエンスは大半がドイツ人(そしてスイス人?)
周りで飛び交うのは、ドイツ語80%・・・で、どこの国?な会場(笑)。
サルヴェーション達は、いつものように、びしっときまったライヴでしたよ^^。

最後に、モバイル・ヴィデオや写真を切り張りして作ったフィルムを。




明日から1泊でRye(ライ)にインテリア撮影に行ってます。
なので、次回の更新遅れ気味かも・・・です。






*************************

by KotomiCreations

Etsy            Flickr            Instagram



  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Clan of XYMOX gig(クラン・オブ・ザイモクス ライヴ)

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2016-01-07 Thu 09:00:00
  • 音楽
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


クリスマスの翌日にウチのデスクトップが脳死してから、いろいろサーチの結果・・・iMac Retina 5K display・・・モトイ、それに迫る4K displayの、相変わらずWindows10で「Zen AiO Pro Z240IC」オールインワンPCを購入。そしたらサイトには4ー5営業日とか書いてあったのに、翌々日に到着。まだ机回り環境が整ってないけれど、ソファの前のテーブルに置いて、今回の標本箱はZen AiO君のデヴュー・インプット。ウチのPC3兄弟、一番上のおっきいお兄ちゃんの跡継ぎ研修中です。

さて本題。
今回はドイツのライヴを見に行っていた、XYMOX(ザイモックス)のイメージを。
彼らはオランダ出身のいわゆるダーク・ウェーヴ・バンドで、80年代中ごろのUKオルターナティヴ音楽の中心だった、4ADレーベルから実施上のデヴュー。シンセサイザー中心の、ダークに揺蕩うメランコリックなメロディーラインが特徴的で、私もよく聞いていた。<Youtubeにいくつか懐かしい曲も入っている。>
その後色々メンバーチェンジもあったようで、オリジナルのメンバーで活動しているのは、フロントマンのRonny Moorings(ロニー・ムーアリングス)のみ。
ライヴ自体は前回も書いたけれど、残念なことに会場のサウンド・システムが、なんともよろしくない。エコー命のザイモックスなのに、音がデカいだけでバリバリに割れていて、なんとも気の毒な事に(田舎町のライヴ・ハウスってこんなもんなのかぁ・・・・。)
オープニングのサルベーションAMPの方が、断然要領よく、いいサウンドを作っていたのが対照的。
ま、オーディエンスは、ザイモックスのライヴでユラユラ踊ってるのが目的なので、あまりサウンドにこだわりはない感じで、大盛り上がっていたので、ま、関係ないのか。
私はスピーカー回りで撮影しているので、耳栓着用。サルベーションの時は耳栓なしで大丈夫、ということからも、音質が推測されることと・・・。


XYMOX - live performance
これがその、ドイツ田舎町(笑)ライヴハウス。

XYMOX - live performance
ずいぶん風格の出た(⁉)ロニー・ムーアリングス。
しかし、雰囲気は昔のまま。

XYMOX - live performance

XYMOX - live performance

XYMOX - live performance

XYMOX - live performance

XYMOX - live performance

XYMOX - live performance

XYMOX - live performance
後ろでシンセサイザー(というか、
今どきはMacに繋いだキーボードを操作していた)担当のお兄さん、
やにわにキーボード引き抜き前線に乱入。

XYMOX - live performance

XYMOX - live performance
手乗りキーボードって・・・おばさんには新鮮。

XYMOX - live performance

XYMOX - live performance

XYMOX - live performance

XYMOX - live performance

XYMOX - live performance

XYMOX - live performance


Youtubeで激懐かしい、Back Doorを見つけたので、エンベッド。
彼らの4ADからの2枚目のアルバム「Medusa」(1986年)より。








  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Salvation AMP gig (サルヴェーションAMP ライヴ)レポート

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2016-01-04 Mon 09:00:00
  • 音楽
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


新年早々最初のフルサイズ標本箱がいきなり、ダーク・ウェーヴ・ロックのライブの話・・・ってのも、なんだか濃いくって、今年一年がおもいやられて愉快なんだけど(笑)、そう、段取り上そうなってしまい・・・つまり、ドイツの話の続きで、ダーク・ウェーヴ・バンド、Salvation AMP(サルヴェーションAMP)のライヴのイメージを。<彼らのミュージックショップは、このページ

なんでまた、年末クリスマス直前にドイツに飛んでいたかというと、このバンドのライヴを撮影しに行っていたから。
80~90年代初めの私は、その頃はニューウェーヴ(近頃はダーク・ウェーヴ)と呼ばれていたものやら、元祖ゴス・ミュージックなどなど、ブリティシュ・ロックの一端を聞いていたものだった。90年代後半から、ラップやヒップホップが、インディーズ系でも主流になってきて、これが私は超苦手。マイナー・コードのメロディーラインがはっきりしている音楽しか、耳が聞けない(認識できない)構造になっている。なので、クラシックか民族音楽系の(マイナー・コードの)ものしか、一切音楽を聞かなくなってしまっていた。(あ、ちょっとだけ、Epic=エピック音楽も好きだけど^^。)
このバンドは、去年の春にたまたまYoutubeで発見して<その時の話は、この標本箱に>、CD買って聞いていて完全にハマって、暇だったんだかなんだか、自分のストック写真で、アルバム1枚分全曲のスライドショーを作ってしまい、4ディヴァイスで見るのにYoutubeにアップロードして(この段階では、アンリスティッド)、試しに公開してもいいかメンバーに問い合わせてみた。<そのスライドショーは、この標本箱に>
そうしたら、えらく感激してもらえて、それがきっかけで、ぜひチャンスがあったら見に来てーということに。行きたいのはヤマヤマだけど、夏~秋にかけて彼らが出ていたのは、ドイツの森の中(?)のミュージック・フェスやゴス・フェスだったので、ロンドンからのアクセスはまず無理。この2015年最後のクリスマス直前ギグは、唯一Bielefeld(ビールフェルドと発音している・・・様に聞こえた)という、デュッセルドルフからの高速鉄道ライン上の町でだった。うん、これなら行ける。
もう一つオマケが、今回のメインのバンドは、オランダからのClan of XYMOX(クラン・オブ・ザイモクス、通称略して、ただザイモクスと呼ばれている)、私が1985年にデヴュー・アルバムを愛聴していたバンド(まだやってる!!)。 
いやもうこれは、行くしかないでしょう^^。

フロントマンのクリスチャンのパートナーで、バンドのマネージャーのアニーが「駅に迎えに行くから!!」と言ってくれていたので、ビールフェルド中央駅に、私の乗っている鉄道が着く時間を知らせておいた。
てっきり、リハーサルで忙しことと思っていたら、リハーサルが始まるのは夕方、それもまず主演のザイモクスが先で、その後が彼ら。会場には6-7時に入れば充分なのだそう(ちなみに、ドア・オープンは9時と、遅々。)
なので、駅で2人と出会って、先にホテルにチェックインしておいて、町を案内してもらい、レトロなカフェで、お茶を延々飲みながら「その昔」の音楽談義で大盛り上がり・・・が、まずはレポタージュの始まり。


Kachellhause - Bielefeld
1920年代建造の、19世紀様式に、
アールデコがちょっと入り混じってきた・・・、珍しい建物。
食料品店や、ベーカリー使われてきて、
現在は、レトロな雰囲気のカフェ。

Kachellhause - Bielefeld

With Christ-Ian
Photography by Annie
これじゃあ、まるで雑誌インタヴュー(笑)。
80年代話から、ピンクフロイドまでさかのぼって・・・、
若いモンには解らん会話で盛り上がる。


6時頃やっとカフェを出て、暗くなった町を抜けて、駅前にある会場のMovieへ。
ここで、ボチボチメンバー一同合流。中ではまだザイモクスがリハーサル中。どうやら、ここの会場のサウンド・システムが今ひとつのようで、エコーが上手くかからない。エコー重視のエレクトリック系サウンドのザイモクスとしては、かなり苦戦中。
フロントマンのロニー・ムーアリングスが何度も、サウンド・エンジニアのブースまで行って、あーでもないこーでもないと試行錯誤を繰り返す。「もう、仕方ない!!」という感じで、リハーサル終了したのは8時過ぎてから。あのー、サルベーション・チームのリハーサルは45分ですかぃ(汗)?

クリスチャン達は「待つのが仕事ー。」と慣れたもので、その間にステージの下でドラムを組み立て、ワイヤーを並べ、スタンバイ。
ここは彼らのベースDetmold(デトモルド)から、20km隣町なだけなので、出演が決まってから、DJナイトに下見に来て、ここのサウンド・システムも計算済み。ちゃんと、自前でサウンド・エンジニアを連れてきた。実に用意周到。
そして、ギター+ベース+ドラムと、シンプルな構成なので、ザイモクスほどやっかいな事にはならない。音ができるだけクリア・ナチュラルに、バランスよく通るように調整するだけ。サクサク準備は進む。


salvation AMP - rehearsal

salvation AMP - rehearsal

salvation AMP - rehearsal
ロン毛のローディー君は実は、ドラムのスティーヴの息子さん。
ここは奥さん含めて一家総出でサポート。

salvation AMP - rehearsal
順調に音合せ中。

salvation AMP - rehearsal
ま、こんな感じかな。


開場までまだ余裕で、リハーサル終了。
この後、ロビーの一角をカーテンで仕切った「楽屋」で、私も含めて一同で、チリコンカーネ鍋とサラダの炊き出し晩ごはんをかきこんでいる間に、オーディエンスが集まってくる。


さて、本番!!

salvation AMP - live performance
クリスチャン登場。

salvation AMP - live performance

salvation AMP - live performance

salvation AMP - live performance

salvation AMP - live performance
普段は実直な好青年、リハーサル中は一同職人、
ステージ本番になると、何かが降りて来て(!?)カリスマ性のオーラが出る。
それもごく自然に。大した連中ですわ。

salvation AMP - live performance
クリスチャンのギターが冱える。
ベースとドラムも完全に無駄がなくて、きまっている。
彼らが「ライヴが好き、ライヴを聞いてほしい」というのもよくわかる。

salvation AMP - live performance

salvation AMP - live performance

salvation AMP - live performance

salvation AMP - live performance

salvation AMP - live performance
Base : Caveman

salvation AMP - live performance

salvation AMP - live performance
Drums: Steve Leafs

salvation AMP - live performance

salvation AMP - live performance

salvation AMP - live performance

salvation AMP - live performance

一体何年ぶり?
写真を撮りながら、ライヴで踊っている私でした(笑)。

ヴィデオが撮れたらもっといいのだけど、
現在の機材的にはとても難しい。
かろうじて「Shine」のサワリ部分だけ撮ってみた。
(カメラで撮っているので、音がよくない。)



CD版はこんな曲。


最後に、一同で記念撮影。

Salvation AMP + me
メンバーと、カメラ2機提げた小人の私、
の、後ろのカッコいい姐さんがアニー。

次回はザイモクスのイメージを。















  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Salvation AMP (サルヴェーションAMP)+ Kotomi photography

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2015-06-08 Mon 10:00:00
  • 音楽
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


クイック近況: 足、95%全快、元気に歩いてます。そして、納品に復帰。一方、花粉症も、これまた「全開」・・・ですわ。

ヴィエナの話をちょっとまたお休みして、近頃やってしまったことの公開。
この前Dark Wave(ダーク・ウェーヴ)のギター・バンド、Salvation AMP (サルヴェーションAMP)にハマってCD2枚買いに行った、の話を書いていたけど<このページ>、その続きを。
とりわけ、新作この4月リリースの「Earth We Walk Upon」が気に入って、自分のストック写真でミュージック・スライドショウを作り始めてしまった。 初めてWindows Movie Maker使い始めたのだけれど、やりだしたら止まらなくなる性分発揮で・・・アルバム内全9曲作ってしまい、ウチのディヴァイス4兄弟で見るために、アンリスティッドでYoutubeにUpしてみた。
ちなみに、このバンド「ハンド・メイド」バンドと称していて、レーベルに属さずにCD/MP3をハンドメイド、自力でNet販売、ライブも自主企画、広報はFacebookにて、という方針。音だけでなく、その家内制手工業「インディーズの極み」な活動姿勢も、とても気に入ってしまった。
そこで、CDを買った折のメールアドレスで、自分で作ったファン・スライドショウのリンク達を付けて、公開許可を問い合わせてみたら、すぐに快諾してもらえた。なので、Youtubeにて公認公開中、標本箱にも詰め込んでみることに。
(スライド・ショウ内イメージは大半がロンドンだけど、Germany Detmold(ドイツ デトモルド)のバンドですよ、お間違えなく・・・笑)


cover-Earth We Walk Upon
Salvation AMP 2015 album -
Earth We Walk Upon




1. (I am the Flood)




2. Mother Talk




3. Oxygen




4. Anachron




5. Way




6. Shine




7. Prince of Silence
この曲だけかなり雰囲気が違うと思ったら、フロントマン・クリス氏の元バンド、
The Home Of The Hitmanの時のヒット曲だとか。
うーん、90’sな感じしてる、してる(笑)。




8. Earth We Walk Upon




9. These Days


All photography by : KotomiCreations


次回は、再びヴィエナ(ウィーン)に話は戻りますよ。



  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Dark wave discovery - Salvation AMP (サルヴェーションAMP)

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2015-05-30 Sat 10:00:00
  • 音楽
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


一瞬、ヴィエナのMAK博物館からのイメージをおやすみして、最近Youtubeをウロウロしていて、見つけたものを貼りつけたミニ標本箱。
80年代ルーツのゴス、とか、今どきではDark Wave(ダーク・ウェーヴ)などと呼ばれているジャンル聞く人なんて、日本語圏にほとんどいないと思うけど・・・、自分内資料ってことで。

見つけたのはドイツのバンド、Salvation AMP (サルヴェーションAMP)。ルックス的にはただのおっさんロッカー系。音的にも、かなり骨太なハードロック寄りなとろがありながら・・・、正統派ダークウェーヴのマイナー・チューン、華麗に揺蕩うメランコリック・ギターに引っかかった。 ゴス+ダーク・ウェーヴの連中の難儀な・・・、エモーションたっぷりの「病の主張」がない感じが、無機質で実にヨロシイ。
(いやはや、好きな曲はいろいろあっても、ヴィデオの「稚拙な主張」が鬱陶しくて、通常エンベッドする気になれんのですよ、このジャンル。)

このヴィデオがクール過ぎて、ハマったともいう。



Salvation AMP - Hear Me / Salvation


上記のリンク先で、2枚のアルバムの全曲公開している。 そして、CD/ MP3も販売中。 CD買いに行こーっと・・・。

次回は、標本箱本筋の・・・ヴィエナの博物館に戻るですよ^^。


PS: ブログをパブリッシュしてから調べがついたこと:

1/このバンド、80年台後半から1999年まで活動していた、Home Of The Hitmanというバンドのフロントマン、Christian Ian Leding (AKA, Christ-Ian LeDing)が、2010年に新たに結成したバンド。どうりで・・・、一同、年季入りの職人芸な演奏ですわ。

2/ヴィデオに出てくる、ウィングを開く建造物は、USAのMilwaukee Art Museum(ミルウォーキー美術館)と判明。
10m級吹き抜け図書館は、一体どこなんだろう?普通コンテンポラリー建築には興味ないはずなのに、映像がクールすぎて激興味。
バンドのFaceBook過去ログからの想像だけど、このバンドが作ったヴィデオではなくて、ファンが作ってYoutubeにUploadしたもののよう。

で、CDオーダーしたらついてくるMP3版をすでに聞きながら、久しぶりにロック野郎してますよ、私(笑)。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Dead Can Dance (デッド・カン・ダンス)コンサート

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2012-10-31 Wed 10:00:00
  • 音楽
今回の標本箱はちょっと異色で、コンサートの話。

80年代以来、よく聞いているDead Can Danceデッド・カン・ダンス、略してDCD)のコンサートにRoyal Albert Hall(ロイヤル・アルバート・ホール)に行ってきた時のイメージを中心に。

上のDCDのリンク先のJa-Wikiに、彼らの概略が記されているが、80年代のゴス(ダーク・ウェーヴ)の頃に、どっと出てきた「Dead・ナントカ」とか「ナントカ・Death」というようなバンド達と十羽一絡げにされて、「Goth」だと思われることの多いバンドなのだけれど(もし、知っている人がいればの話・・・)、本当のところはそんなにシンプルなものではなくて、カテゴリーやジャンルには分類できない音楽性を持っているDCD。
クラシック+ワールドミュージック+エスニック+フォーク+アンビエントの、中間地点に存在するとでも言おうか・・・。
Lisa Gerrard(リサ・ジェラード)のシャーマニックなヴォーカルは独特で、神聖と魔性は相反する概念ではなくて、実は同一概念なのだと感じさせられる声を持っている(え?何のことか全く理解できないって?・・・笑)。

1998年にデュオ・バンドDCDは解散したのだけれど、2005年のワールド・ツアーのために再結成された。
この時のツアーは完全に見逃してしまったが、それ以来7年ぶりの、伝説のDCD再結成ツアー。遅々だったがWebで発見、かろうじてチケット入手して、2012年10月26日にコンサートに行ってきた。


Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
情報発見が遅くて、手にしたチケットは最上階サークル席。
その後ろはもう席がなくて、立見席。
いやもう、天井から釣り下がってる気分。
前の人の頭が入らないので、写真が撮りやすい・・・といえば撮りやすいけど。

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
前座のミュージシャンの後、まず Brendan Perry(ブレンダン・ペリー)登場。
80年代はスタイリッシュだったけど・・・、いい「おっちゃん」になってしまった。
しかし、声は全く衰えずなので、まぁいいのか。

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
そして、Lisa Gerrard(リサ・ジェラード)登場。
80年代の麗しき容姿も・・・こちらは全く衰えず。

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
御衣裳がビザンティン風なのが印象的。
彼女が演奏するのはDulcimer(ダルシマー)と呼ばれる弦楽器。
ペルシャのサントゥール、ギリシャのツィターの親戚のようなもの。
私の一番好きな楽器。

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
右のダルシマーはPicking(爪弾き)用のようで、
左のダルシマーは通常通りスティックで叩いて演奏する、打弦楽器。

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
ブレンダン・ペリーの演奏するギターなんだか、リュートなんだか・・・、
音質的には低音のバンジョーという感じだったが、これがまたいい音。

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
その横で、リサ・ジェラードが指に付ける小さなベル・シンバルを演奏している。
これもギリシャの壷絵などに表れる、古代由来の楽器。

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
この人は本当に巫女さんっぽいな(笑)。

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
メインのコンサートが終わって、大声援の中アンコール待ちしているときに、
ステージに現れる、DCDの御紋章。

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
アンコールでは、普段はリサ・ジェラードが専門のダルシマーを、
ブレンダン・ペリーが演奏するという異色の組み合わせ。

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
「ほ・・・本当にできる?」という疑惑の笑いが漂う・・・。

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
ええできますとも・・・、練習しましたとも、

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
お見事でした。

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
2度目のアンコール。

Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
3度目のアンコールは、リサ・ジェラードのソロ。

これは、Youtubeで早速のヴィデオ発見。




Dead Can Dance - Concert at Royal Albert Hall, London 26/10/2012
そして、キスと感銘を残して、麗しの歌姫は去っていった。


今回のワールド・ツアーはDCD再結成、16年ぶりのアルバム「Anastasis(アナスタシス)」のプロモーション・ツアー。
このアルバムも、Youtubeで(全曲56分)Uploadされていた。


彼らの30年に渡る、円熟した音楽性が詰め込まれている。

Amazon UKでは<このページ>、Amazon jpでは <このページ>で発売中。


彼らのサイトを見ていて見つけたニュースが、日本来日決定このページ>。

2013年2月13日 東京、クラブ・クワトロ
2月14日 東京、クラブ・クワトロ
2月17日 大阪、AKASO


チケットは2012年11月10日に彼らのサイト経由で発売される。
このページ>の、Austraria & Asiaの中の日時・会場を選んでBuy Ticketをクリックすると、
オンライン・チケットディーラーにリンクする仕組み。

UKでは巨大ロイヤル・アルバート・ホール満席にする、伝説のDCDなのだが、
日本では結構小さい「ライブハウス」なんだな・・・これが(笑)。
しかし、小さいライブハウスの方が、DCDの呪縛を堪能できること確実、100%お勧め。
ご興味の方は、ぜひどうぞ^^。






とても個人的な音楽の話 - 80'Music-Bauhaus(バウハウス)とPeter Murphy

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2012-03-03 Sat 10:00:00
  • 音楽
先日、なにげに右コラムの「カテゴリー」を見て、「音楽」などというものを作っていたことに気がついた。
で、その内容は、John FoxxのCathedral Oceansがおまけヴィデオだから・・・というだけで、以上終わり。(何でこんなカテゴリー作ったもんだろうか?)
カテゴリーを埋めるために、今回は私的音楽の話。
近頃Youtubeでコピーライトがうるさくなってきて、どんどん消されていくので、ここにEmbed貼ったとしても生き延びていくものやらどうやら、はなはだ怪しいけれど、面白半分で書いて貼ってしてみよう。

まずは、自分の音楽史から話し始めると・・・、
子供の頃からあまりTVを視ないので、いわゆるTVの流行物というのには全然ついていけていない。
まぁ、運が悪ければ「いじめ」にあいかねない「はずれ」ぶりなのだけれど、幸か不幸か、我々の時代は「仲間はずれ」はあっても、「いじめ」というのはあまりなかったようで、上手く生き延びてきた。(「仲間」は特にいらない性格なので、「仲間はずれ」になっていても、気づいていないことは、とても多いとおもう・・・笑)。
これはちょっと脱線・・・、本筋は、だから流行物の日本の音楽はほとんど知らない、ということ。
小さいときは親の持っていたアルゼンチン・タンゴや、カンツォーネみたいなものを聴いていたような気がする。
で、ティーンエイジャーになると、ロシア・東欧系の作曲家のものを聴いていた。 つまり、チャイコフスキーとか、ラフマニノフとか、ボルジャック(ドボルザークって日本では言ったな?)。
大学生の頃に、唐突にパンクとかNew Waveとかが出始めて、MTVが日本で深夜放送され始めた。 そのころから、スッポリBritz New Wave(今更「New」でもないので、近頃は「Dark Wave」と呼びならわされているような・・・)にはまってしまっていた。

また話は、横道にそれるが・・・、後日このプロセスで、気づいたことがある。
私の耳は「マイナーコード(短調)」にしか感応しない・・・ということ。そういえば、アルセンチンタンゴもカンツォーネもチャイコフスキーも、圧倒的にマイナーコード。
そういうなら、「演歌」もマイナー・コードなんだけれど、あの「おベタ」な歌詞がてんでダメ。
カンツォーネの場合、イタリア語なんて解らないから、どうでもよくて、「アモーレアモーレアモーレ、アモレミーオ~、インヴラツァティメ、シトルド、ニドローラ・・・ヴォイオレスタン、コンツェ・・・シノメモーロ」なんて子供の時歌ってて、今でも少し覚えているが、実はこっぱずかしい内容なんだろうな・・・(笑)
ビートルズも、マイケル・ジャクソンも、ポップス系は「?」で、まったく興味ないのは、メジャー・コード(長調)だからメロディーとして認識できない、という明快な理由。
有名どころでは、イーグルスの「Hotel California」や、ストーンズの「Paint it Black」、もっとさかのぼってアニマルズの「House of the Rising Sun」(これ100%演歌な歌詞だったが・・・)はマイナー・コードなので「好き」。(あ、ブルース系はマイナー・コード多し。)
こんな嗜好で音楽を聴く・・・という他の人の話は、聞いたためしがないのだけど・・・こんな耳に出来上がってしまったものだから、やむをえない。
ちなみに、クラッシック・レコード関連の仕事をしていた配偶者氏が、面白半分で自分の持っているレコードで、私にマイナーコード・テストしてみた結果、正解率85%以上。クラシック音楽の場合、マイナーからメージャーに、またその逆にと、転調することが多いので、一概にはいえないのだった。

またまた、話の横道で枝葉が広がってしまう・・・つまり、80’s New Waveと呼ばれるものは、大半マイナー・コードで出来上がっている、というあまり知られていない事実が、ここにあるのですね(おおげさか?)。
その後、ハウスやラップが出てきてからは、メロディーラインも、コードもないので、一切聴かなくなった。これも、明快。
それ以降は、ワールド・ミュージック系のものを聞いていることが多い。(トルコやアルメニアの曲なんて、ことごとくマイナー・コード。)

そのTwisted ears(ねじれ耳)の私的音楽チョイス、懐かしのメロディーで、今回は私がBritz New (Dark) Waveにひっかかったきっかけの、Bauhaus(バウハウス)とPeter Murphy(ピーター・マーフィー)。
  

バウハウス(Bauhaus) Spy in the Cab - 1980年 4AD リリースのアルバム「In The Flat Field」より。

バンドの解説はWikiリンクにまかせて・・・、70年代の大仰なロックには興味になかった私が、
深夜放送ラジオでこれを聞いて、かなりぶっとんだ。そして、Bauhausを片っ端から買っていた。
今にして思えば、彼らは元祖Goth(ゴス)だったんだな・・・これが。

Wikiにもあるように、彼らの大半の曲ははパンクを引きずっていて、ウルサイのだけれど
メロウ系の曲にBauhausの特異性が出る。そして、ヴォーカルのPeter Murphyが美形かつ超特異(笑)。


Hollow Hills - 1981年 Beggar's Banquet リリースのアルバム「Mask」より。

このレアなヴィデオは、1983年バンド解散後、また1998年に再結成してU.S.A.ツアーした時のもの、ではないかと思う。
Murphy氏だんだんアメリカ発音で歌うようになってきたし。
再結成してからの方が、ステージの完成度がずっと高いではないか・・・。
大人になったっということか・・・資本力がついたということか(笑)。

これちょっとウルサイけれど、初期のTelegram Samのヴィデオ。


元曲T・Rexの「Telegram Sam」の70年代グラム・ポップに、
パンクと「カリガリ博士」的なる1920年代ドイツ表現主義映画のツイストをきかせたらこうなった、という・・・。

個人的に好きだったのは、洗練されていて、どことなくデカダンス・アンニュイなこの曲。


She's in Parties - 1983年 Beggar's Banquet リリースのアルバム「Burning from the Inside」より。

知人の子息の今時のゴス系君に言わせると、こういうのは今や「ゴス」じゃなくって、「ロマンティック・ゴス」というのだそうな。

Peter Murphy collage
これは、初めてスリーンショットをどうやるのか知った時に、遊びで作ったコラージュ。
芸大の頃は、Murphy氏がかなり製作のイメージソースで・・・(こういうのをMuseっていうのだろうかね?)、
漆の作品を作っていた・・・って、いったいどんな?と思われることと・・。
このあたりの昔の話は、忘れましょう(笑)。

解散後は、メンバーそれぞれに別のプロジェクトで活動しているのだが、
ヴィジュアル系の私は、当然、Murphy氏のフォロワー。
Peter Murphy Wikiリンク「English」「日本語
氏のOfficial Websiteは「ここ

解散の翌年、氏と、これまた超特異な元Japan(あ、これこそ「ヴィジュアル系」の元祖)の
Mick Karn氏とのプロジェクト「Dali's Car」。


Dali's Car - The Judgement is the Mirror
そういえば、今年の1月にMick Karn氏は享年53歳で、癌で他界されたのだった・・・合掌。

ソロになってからの、曲・映像ともに好きなのがこのヴィデオ・・・


All Night Long - 1988年 RCA/Beggars Banquetリリース、アルバムLove Hysteriaより。

1990年頃に、ムスリム・スーフィー派哲学に傾倒して改宗、トルコに移住して、現在もトルコで家庭を持っている。
音楽的にも、(以前からそうだけど)中近東音楽の影響がいちだんと強くなる。
私的にも中近東音楽は「魂レベル」で好きなので(笑)、そのまま、フォロワーが続く。

これはMusicだけだけれど、もっとも中東音楽の影響の強い、美しい曲、


Surrendered - 1997年EP版アルバム Recallより。

これも同じRecallより、トルコの曲の英訳版、アコースティックで。


Big love of a tiny fool

これ一番最新のオフィシャル・ヴィデオかな。
これは曲よりも・・・Movieのデジタル・ポストプロセスと、トルコのインテリアに目を奪われてしまった(笑)。


Seesaw Sway - 2011年 Nettwerk Recordsリリース、アルバムNinthより。


彼のツアーはもっぱら、USAなので、U.K.でお目にかかることはほとんどない。
去年2年ぶりに、Londonでライヴがあって、私はチケットまでとっていたのに、歯が悪くなって歯科医に駆け込むことになり行けなかった。
いやぁ、もうこの歳になったら、座席のないオールスタンディングのライヴに、一人でふらっと行くのは、体力に限界があるということで(2年前まで行ったけど・・・笑)、ライヴからは隠居して、アームチェアー・リスナーになることにした。

また時たま気が向いたら、「ねじれ耳」音楽話追加します^^。




Cathedral Oceansとレイヤー・イメージ

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2010-07-11 Sun 22:29:08
  • 音楽
やれやれ、またトラブル。昨日から突然右サイドバー(コラム)がページの一番下左に落ちていってしまった・・・。原因は画像が大きすぎたせいか?というので、今までの画像を幅400pix以下のものに置き換えたが、改善はされない。しばらく調べてみて難しそうなら、テンプレートの変更を考えることにする。
ま、私のPhotoshop加工かけまくった顔などを、毎回Topに出すなということかもしれない?

(*7月15日Update: ウェブデザイナー、塚越潤一郎氏にお願いして、見事に改造完了。画像も680Px幅まで問題ないことが解り、再度大きい画像に置き換えた。)


今日はそんなわけで、一日の大半を調べ物に費やしてしまったため、たいしたねたはない。
以前レイヤー加工したイメージまず、ひとつ。

Cathedral Ocean-ing...


これは昨年秋に新装Openした、V&Aの中世・ルネッサンス室の大理石像と、
寒波の折の霜の降りた落ち葉イメージをレイヤー・コラージュしたもの。

ちなみに元写真は、これ、

Statue - Part of Choir screen from Hertogenbosch
Choir screen from Hertogenbosch部分


と、これ。

Frosty leaves


なぜまた、石像に落ち葉かというと・・・John FoxxのCathedral Oceansのヴィデオ風なものを試してみたかったのだ。




この曲は2006年リリースのCathedral Ocean IIIのDVDからのもの。それ以前のCD Cathedral Oceans I/IIからさらに発展して、完結した映像美とともに「静かなる男」John Foxxのヴィジョンが結晶化されたDVD。
都市と文明と、それらもやがては押し寄せる自然の、大いなる海原に還元されていく・・・。

John Foxx氏からイマジネーションを頂戴して、時間が出来たらまたいくつか加工してみたい。材料はいろいろそろっているので・・・。


Stone face

Angel

Stone face

以上3イメージすべて、V&A 中世・ルネッサンス室 所蔵




Index of all entries

Home > 音楽 Archive

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails