Home > 2010年10月07日

2010年10月07日 Archive

St Bartholomew the Great (セント・バーソロミュー・ザ・グレート教会)、London

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2010-10-07 Thu 12:13:41
  • 場所
今日はロンドン最古の現存する教会、St Bartholomew the Great (セント・バーソロミュー・ザ・グレート教会)の写真。
これは12世紀に建造された、今で言うところの「病院」のための修道院。ヘンリー1世の宮廷に仕えていたRahere(ラヘア)がローマ巡礼の折、病に陥った。テヴェレ河の中州にある修道院で手当てを受け、その折に健康が回復し無事帰国できた暁には、修道院を建造するという誓いを立てる。祈りが聞き届けられたものか、彼は無事回復し帰国の途に着く。
途中また、悪魔に襲われ、聖バーソロミューに救済されるという夢を見る。そのなかで聖バーソロミュー曰く「助けに来たのだが・・・お前の約束した修道院を、ひとつ、私に捧げてスミスフィールドに建ててくれないかな?」。
まぁ、取引条件を提示する聖人様もたいしたものだが、悪夢の中では切羽詰っているラヘアは、もちろん快諾。そんないきさつで、ロンドンに帰ってきた彼は、当時ロンドンの市壁の外側、いわばロンドン郊外のスミスフィールドにさっそく聖バーソロミュー修道院を建造し始める。
現在でもセント・バーソロミューは一大医療組織。この教会も病院コングロマリットの一角に、くっついて残っているような印象。
この教会は、近年その古色豊かなロケーションを活用するべく、商業的広報活動にも力を注いでいるようで、日本の海外挙式+ハネムーン・パッケージの会場にも提供されている。ちょっと笑える・・・。ともあれ、イメージを展覧しよう。

Quire
Quire(Choir)聖歌隊席部。

12世紀の建造部分は、ここに見える2階部分まで。3階部分に当たる明かり窓は13世紀に入ってからの増築。(その後何世紀にもわたって、増築は繰り返されているが・・・。)
この100年の違いは、アーチに現れる。丸いアーチはロマネスク様式(イギリス建築では、ノルマン人が持ち込んだため、ノルマン様式と呼ばれる。)。13世紀以降中世には、アーチの先が尖ってきて、ゴシック様式となっていく。

Quire

古色豊かな内装を生かすべく・・・なのかどうかは定かでないが、教会にありがちな天井から多数下がってくるシャンデリアが、側廊以外には見あたらない。スポットライトは導入されているようだが・・・?なので、教会の中は自然光と影のコントラストが実に美しい。

Snactuary
Snactuary(内陣)部分。
ちょうど光が効果的にドラマティックに射す・・・。

South transept
入り口のTransept(袖廊)部分から側廊部分を見たところ。

South Aisle
逆に側廊部分から入り口を見たところ。
壁にあるのは故人の記念碑、床石の下には故人が眠る。

Floor
側廊の床。教会の床下に墓を作るのは、イギリスでは通例なのだが、ベルギー、フランスでは見たことがない。
私が知らないだけだろうか?

Candle stand
燭台。

Prior Bolton's oriel window
16世紀初頭のチューダー期に増築された、Bolton(ボルトン)修道院長のOriel(出窓)。
この出窓からこっそり、修道院たちの礼拝活動を観察(監視?)するためにつくられたのかな?
中央の紋章は駄洒落系。Bolt=ボルト(いしゆみの矢)がTun=トン(樽の一種)を貫いていて・・・ボルトン・・・はぁ、なるほど。

North Aisle
北側の側廊。

The Founder, Prior Rahere's Tomb
創設者ラヘア修道院長の墓。これは15世紀に再建造されたもの。
天使を撮っていて、ラヒア自体のエフェジー(墓碑彫刻)を撮ってないな・・・。

Monument of Elizabeth Freshwater, 1617
南袖廊の、Elizabeth Freshwater(エリザベス・フレッシュウォーター)の記念碑。1617年。

Sir Robert Chamberlayne's Monument, 1615
Sir Robert Chamberlayne (サー・ロバート・チェンバレン)の記念碑。1615年。

Medieval cat
南袖廊の中世の猫の彫り物。一種の魔よけとして彫られたものとか。ガーゴイルのようなもの。

Cloister
現存するCloister(回廊)の東部分は、カフェになっている。とてもゆったりしたところ。

St Bartholomew the Great
上の回廊カフェの外側の庭から見たところ。

Cloister's window
外から見た回廊カフェの窓。ゴシック様式の見本のような・・・。

St Bartholomew the Great's gatehouse
撮影:MisterPeter!@Flickr 正面入り口ゲート。
このゲートハウスの外観を載せたかったのだが、いつものごとく外観を撮らない人なので・・・これは借り物。

1535年に修道院解散令が出された後(これはもちろん「暴れん坊」王様ヘンリー8世のやったこと・・・)、修道院の大半は取り壊され、クアイア(聖歌隊席部)のみが地区教会として現在のサイズで生き残る。その昔、Nave(内陣)とクアイアを隔てていた石造アーチが一部残され、その上にチューダー式木造建築が増築され、今もゲートハウスとして使われている。

Gatehouse
そのゲートハウスを裏から見たところ。ロンドンに現存するチューダー期の建物の、数少ない例。


公開時間(入場料4ポンド、2010現在)の情報は<こちら>(英文)
場所情報は<こちら>(英文)。メインウェブサイトは<こちら>(英文)














Index of all entries

Home > 2010年10月07日

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails