Home > 2018年09月01日

2018年09月01日 Archive

Restoring Delft plates (デルフト皿の修復)

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2018-09-01 Sat 10:40:07
  • 日記
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk



東京展示販売会のお知らせ

exhibition-dm-sept-2018
会期まで、トップに広報活動入ります~。
お時間あれば、ぜひ覗いてみてくださいね。


*************************


さて、今回の本題。
Pおじさんは、昔からダッチ・デルフトのコレクターで、
その昔はキャビネット一杯にコレクションしていたそう。

Peter's first house in Residence 1991 Nov.-3-
おじさんの最初の家、アムステルダム郊外の、通称「リンデンの家」。
左のキャビネットには、18世紀クリームウェアを中心に、
右のキャビネットに、ダッチ・デルフトがぎっしり。
(記事は、オランダのインテリア雑誌「レジデンス」1991年11月号より。
Article : Dutch magazine, "Residence" 1991 Nov.)

それ以降2度の引っ越しで、家のサイズがだんだん大きくなって、
現在、コレクションは、ル・シャトーのあちこちに点在しているのだけれど、
皿ものは主に、キッチンの壁にまとめてディスプレイされている。

Perfect French Country book12
こんな感じで。
(記事は、「Perfect French Country」より、photo by : Jan Baldwin)

今年、オランダのオークションで買った、
2枚の30cm越しの、ペアのデルフト皿をディスプレイするのに、
色々レイアウトを変えていた所に、問題は端を発するのだった。
以前、皿ディスプレイ用に使っていた、
ワイヤーハンガーが、今回の皿には小さすぎたので、
ワイヤーを継ぎ足して留めたのだそう。
それが、どうやら皿の重量に対して、強度不足で、
設置して何週間かたってから、落下。
その下にあった2枚の皿と、
小さなカップ2つを巻き添えにして、コッパミジンに・・・。


Danaさん(@norikoalchemy/Instagram)撮影編集のミニヴィデオ。

この段階ではまず、集められるだけ集めた破片を、
Danaさんと一緒に、3つの皿+2つのカップに分類して、
テープで仮留めしている。
これがなかなかのジグソーパズルで、ハマると楽しい。
それでも小さな破片は、どこかに吹っ飛んでいってしまったのか、
ところどころ、空白の部分あり。

この週はとにかく暑くて、連日の30℃超え。
一同、ほとんど裸ん坊で過ごしておりました。

で、ここまでが修復の第一段階。

そうこうするうちに数日後、ペアで飾ったもう一方の皿も落下。
あーぁ、もう、たいがいな被害(泣)。

Delft restration
この分は、一枚の皿なので、分類・仮止めせずにそのまま糊付けする。

ここでまず、「どんな接着剤を使うのか?」ということになると思う。
今まで、自分的には、セラミックの修復はエポキシ接着剤と、
エポキシパテで、と理解していた。
Pおじさんの修復方法は、ミュージアムの修復方法に準じているそうで、
使うのは「ホワイト・グルー」、つまり酢酸ビニル樹脂系エマルジョン形接着剤、
簡単にいうと「木工用ボンド」!!
なぜかというと、今後将来どのような進歩した修復技術が開発されるかは、
現在ではわからないので、水溶性の接着剤を使い、
将来、必要とあれば、もう一度水に浸して解体して、
修復し直すことができるようにするためなのだそう。
なので、ミュージアムではこの方法が採られるのだそう。

私の修復中に、足りないピースがあったので、
やむなくその部分を開けて繋いだら、後から、
ナイフ・ブロックの後ろに落ちているのが出てきたことがある。
そこで、完成した皿の、その穴の空いた一角を水につけること30分、
もう一度外して、見つかったピースを入れて、繋ぎ直し。
この修復方法の意義を、とても納得したのだった。

ただし、耐水性はないので、ディスプレイ専用の修復方法で、
修復して再使用したい・・・という場合には適してはいない。

ともあれ、木工用ボンドで、修復完了。

もう一つの皿を、修復しているところを、
再びDanaさんが、ヴィデオに編集したもの。

A post shared by Noriko Honda (@norikoalchemy) on




接着剤を両方の断面に、たっぷり塗って、
強く接着して、はみ出した分を湿した布で拭い取って、
残った水分を、ティッシュで拭き取ってから、
マスキング・テープで仮貼りする・・・を、ちまちま繰り返していく。
性格的に向いてるかも(笑)・・・な、作業。

で、結局3枚の皿を修復して、
もう一枚は、おじさんの友人のアランさんが、
知り合いの修復師に頼んでみようかな、というので、
断片のまま、彼にあげてしまったようす。

おじさん的には、この出来事、もちろんショックなんだろうけれど、
完品としての価格価値というよりは、
ディスプレイとしてのヴィジュアルに、価値をおいているようなので、
そして、なにしろ、シャビーシックというか、
荒れたテクスチャー好きなので、
修復されたものもまた良し・・・としているようなところがある。
結構淡々としているのだった。

一方、イギリスでは真ん中がバネで、多少のサイズ調整ができる、
ワイヤー・ハンガーが主流なので、eBayで買って、ル・シャトーに送っておいた。
こんなもの。

Capture

これも皿の厚みによっては、うまく掛からなかったりするので、
使えるのかどうかは、試してみないとわからないのだけれど、
うまくいくといいね。

次回からは、3月後半のヴェニス旅行の写真と、ノルマンディー話しが、
あ、そして、ジュエリー等の話が・・・、
ごちゃ混ぜで入って来るような予定ですよ。












*************************

by KotomiCreations



Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2





  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Index of all entries

Home > 2018年09月01日

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails