Home > 2018年12月21日

2018年12月21日 Archive

Josephine Ryan Antiques - Christmas Decor (ジョセフィーヌ・ライアン・アンティークスのクリスマス・デコレーション)-1-

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2018-12-21 Fri 16:38:25
  • 日記
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


標本箱は話の途中だった、ヴェニスに戻ろうかどうしようか・・・中途半端にクリスマスとか新年が入るし・・・などと、ちょっともやもやしていたら、ジュセフィーヌからテキストが入って、「クリスマスの飾り付けしたから、写真撮りにこない?」。
「あ、行く、行く。」というので、ぎりぎりクリスマスに間に合う、クリスマスねたポストが出来上がった。


Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
ジョセフィーヌの家は、南ロンドンの(この前コンサートに来てた)
Brixton(ブリクストン)と、Streatham Hill(ストレッチャム・ヒル)の中間。
外観のディスプレイは、夜の方がキレイだそうなので、
本当はもう少し明るかったけれど、フォトショで黄昏感を倍増する。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
ポーチの軒下には、大きなMistletoe(ミスルトウ=ヤドリギ)。
キリスト教以前のドルイドの時代からの、
幸運・愛・友情のシンボルが、
クリスマスになると現代によみがえる。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
ミスルトウが迫力なので、ドアのリースは、
シンプルで可愛らしい感じ。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
玄関ホールでは、彫像がドレスアップ。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
ブリキでできた、教会のミニチュア・・・というか、ランタンかな。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
まずは、ダイニングルームへ。
ミスルトウと、ほわほわの種になったクレマチス。
("old man's beard"=爺さんのヒゲ、と呼ばれている)

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
こういうコンビネーションが、ジョセフィーヌならでは。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
うちの配偶者氏も愛用の、スェーデン製の
天使きりきり舞いの、キャンドル・チャイム。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
窓辺には、クラウンを乗せた、ガチョウの剥製。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
キャンドルに火が灯される。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
キラキラ・ラメで飾られた、松ぼっくり達。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
ミスルトウの向こうの壁にはリース。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
リースの材料は、庭を手入れしたあとの切ガラ達、
そして、枯れたクレマチスも庭から、なんだけど、
途中で足りなくなって、向かいの公園からむしってきた・・・
というのは内緒なんだろうか(笑)。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
棚のマーキュリーグラスのジャグには、
Snowberry(スノーベリー・・・日本語不明)。
その下の見ごとなオブジェは、サンゴなのかな?

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
リース側の壁を引きでみたところ。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
反対側のキャビネットには、キャンドルがびっしり。
クリスマスはキャンドルだけで、電気を付けずに過ごすのだそう。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
飾り付けに買ってきたのは、ミスルトウとこのクレマチスだけで、
後は、年々増えていく飾り物の使い回し、プラス、
庭の植物の切ガラなのだそう。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
キャビネットの上の中世風のアドヴェント・カレンダーは、
今年はリバティのもの。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
キッチンとダイニングの間の壁。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
キッチンに飾られた、装飾的なシルバーの蓋にも、
枯れたクレマチス。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
キッチンの棚には、スノーベリーの本モノと
シルク・フラワーとが共存。
言われて手で触るまで、人工フラワーだとは気が付かない。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques


Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
キッチンの窓辺。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
裏のコンサーヴァトリー側からの窓。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
タンジェリン(ミカン)と胡桃というのも、クリスマス的なる取り合わせ。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
コンサーヴァトリーのキャビネットの上には、
19世紀のNativity(ナティヴィティ)のオーナメント。

Christmas styling at Josephine Ryan Antiques
彼女のファミリーの伝統では、
赤ちゃんジーザスはクリスマス・イヴまで飾らないのだそう。
確かにその方が、忠実というか、リアリティーある。


というところで、まだ写真は続くので、次回に。
もちろん、クリスマスまでにもう一度更新しなくちゃ・・・です。





*************************

by KotomiCreations



Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2





  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Index of all entries

Home > 2018年12月21日

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails