Home > 2019年01月05日

2019年01月05日 Archive

Palazzo Querini Stampalia, Venice (パラッツォ・クエリーニ・スタンパリア、ヴェニス)

モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


やっと話はヴェニスに戻ってきて、今回は、滞在の最終日に訪れた、Palazzo Querini Stampalia(パラッツォ・クエリーニ・スタンパリア)のイメージを。
ここはヴェニスのQuerini Stampalia(クエリーニ・スタンパリア)一族の屋敷が、19世紀に文化財団として、絵画を中心とした美術館として公開されるようになったもの。
60年代の建築家Carlo Scarpa(カルロ・スカルパ)のモダーンな改装でも有名・・・だそうだけれど、古物好きの私は、この部分はまったく素無視して(笑)、上階の古いインテリアばかり撮影していたのだった。


Fondazione Querini Stampalia
こういうインテリアに、ぐっとくるんですね(笑)。

Fondazione Querini Stampalia
ヴェニス特有のPortego(ポルテゴ)と呼ばれる、一種の応接室、兼、廊下。

Fondazione Querini Stampalia


Fondazione Querini Stampalia


Fondazione Querini Stampalia
この部屋には、ヴェニスのイベントを描いた、
(多分)18世紀の絵画がぎっしり展示されている。

Fondazione Querini Stampalia
これはドゥカーレ宮殿の横の広場。
拡大してみると、バルコニーから提督も観覧の様子。

Fondazione Querini Stampalia
サンマルコ広場に立つマーケット。
いろいろ衣装も売られていて・・・、
あぁ、私この絵の中に入って、このマーケット訪れたい(笑)。

Fondazione Querini Stampalia
18世紀後半の、ラッカー塗装の家具で統一された部屋。
絵画もこんな風に、インテリアに取り込まれた形で、
18世紀に実際に飾られたいたような状態で展示されている。

Fondazione Querini Stampalia
詳細は記録してこなかったけれど、
Lorenzo di Credi(ロレンツォ・ディ・クレディ)の聖母子と思われる。

Fondazione Querini Stampalia
18世紀前半の、ムラノ・ガラスの見ごとな鏡。
周囲のパネルの中には、
ガラスにモノクロームで描写された裏から水銀張りされている。

Fondazione Querini Stampalia
フレスコ画の天井。

Fondazione Querini Stampalia
なんだか落ち着ける、こじんまりした控室。

Fondazione Querini Stampalia
次々に続く応接室には、歴代の一族と思われる肖像画が連なる。

Fondazione Querini Stampalia


Fondazione Querini Stampalia
18世紀のダイニングを再現した部屋。

Fondazione Querini Stampalia
装飾レリーフのような、トロンプルイユ・フレスコ画が描かれた部屋。

Fondazione Querini Stampalia
この部屋には、Pietro Longhi(ピエトロ・ロンギ)のコレクション。
この人、生涯に一体何枚絵画を描いたのか・・・、
と思うぐらい、ヴェニスのあちこちの美術館で、
セットで展示されているのを見かける。

Fondazione Querini Stampalia


Fondazione Querini Stampalia


Fondazione Querini Stampalia
自分的に一番ヒットだった、初期ルネッサンスの聖母戴冠。

Fondazione Querini Stampalia


Fondazione Querini Stampalia
実は私達、このMantegna / Belliniの特別展を見に、
ここに来たのだけれど、延々たどり着かないので、
途中から端折って、やっと最後のこの特別展の部屋にたどり着く。


Fondazione Querini Stampalia
こんな感じで、ただただこの類似する絵画を
(左:ベリーニ、右:マンテーニャ)並べて展示して、
もう一つの部屋で、いろいろ解説資料が展示されているという、
意外と小さなエキジビション。
で、イタリア語なんてわからないので、
2つの絵画の描かれた、20年の差で、
右のマンテーニャの装飾的な硬質の様式から、
左のベリーニの写実的な様式に移行していることを、
テーマにしているのかと思っていた・・・。

この後のロンドン・ナショナルギャラリーのMantegna / Bellini展では、
実際にはほぼ同い年で、義理の兄弟にあたる、
2人の絵画のスタイルの背景や、お互いに影響を与えあっていったことが、
大量の招聘絵画の展示で解説されるという、
これの10倍ぐらいの規模のものだった。

Fondazione Querini Stampalia


Fondazione Querini Stampalia
この絵画たちにも、ロンドンで半年後に再会したのだった。


最後は、おまけヴィデオで、カルロ・スカルパ、
デザインの20世紀の部分も含めて、
この美術館の全体のイメージをキャプチャーした、
この美術館制作のヴィデオを。







Palazzo Querini Stampalia
(パラッツォ・クエリーニ・スタンパリア)



地図:










*************************

by KotomiCreations



Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2





  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Index of all entries

Home > 2019年01月05日

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails