Home > 2019年06月06日

2019年06月06日 Archive

Bruges Town (ブルージュの街) -1-

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2019-06-06 Thu 08:00:00
  • 場所
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


本題に入る前に、不愉快なおしらせー。
このブログでは、Flickrにバックアップした写真やヴィデオを、転送してきているのだけれど、Flickrがシステムを大改変中で、このブログ内(そして、Bloggerバージョン内でも)にエンベッドしたヴィデオが全く再生されなくなってしまった。
Flickrに問い合わせても、見当はずれな答えしか帰ってこないので、今後Flickrから転送のVideoは載せないことに。
YoutubeやInstagramから載せることはあるかも、です。 まったくウザいですよね・・・。

さて、本題の方は、前回までのフォークライフ博物館のご近所の、ブルージュの街のイメージを。


Bruges - Town
博物館の並びに続く、かわいい長屋。

'T Apostelientje, Bruges
その中にある、レースに特化した、アンティークショップ、
'T Apostelientje
(アポステリンチェ・・・みたいな発音、「使徒」の意味)

'T Apostelientje, Bruges
ブルージュは、16世紀末以来、
ボビンレースの産地としても有名。

'T Apostelientje, Bruges
観光激戦地区のお土産物屋さんには、
現代の中国工場製品が並んでいたりするけれど、
このお店のものは、正真正銘のアンティークレース。

そしてそのちょうど向かいに、
Kantcentrum (カントセントレム、Lace Centreの意味)がある。


ここは、小さなレースの博物館と、
ワークショップなどの、伝統レース工芸継承の
教育機関が合体したようなところ。

Kantcentrum, Bruges
博物館に展示されている、17世紀のレース。

Kantcentrum, Bruges
これは19世紀な感じかな。

Kantcentrum, Bruges
扇子や、

Kantcentrum, Bruges
パラソルに使われたもの。

Kantcentrum, Bruges
パターンを記したもの。
織り、編みに関しては、皆目意味不明だわ(笑)。

Kantcentrum, Bruges
ボビンレース作業。
上についているローラーに、貼ってあるのが型紙で、
そこにピンを立てて、糸を絡め合わせて編み上げていく。

Jeruzalemkerk - Bruges
ミュージアムの後は、そのまた先にある、
珍しい形の教会、Jeruzalemkerk(エルサレム教会)へ。

15世紀にアドルネス一家のメンバーで、エルサレム巡礼を果たした、
2人の兄弟によって建造された。

Jeruzalemkerk - Bruges
この独特のレイアウトは、エルサレムのChurch of the Holy Sepulcher
聖墳墓教会)を模したものだといわれている。
そのレイアウトは<こんな風>な大規模なもので、
うーん、どこが似ているのかよくわからないけど・・・(笑)。

Jeruzalemkerk - Bruges
似てるのかどうかはさておき、
一族のために建てられた、チャペル的なインテリアは、
多数の人達のための教会とは違って、独特の雰囲気。

Jeruzalemkerk - Bruges
平たい8角形のタワーの天井。

Jeruzalemkerk - Bruges
墓標や、

Jeruzalemkerk - Bruges
このステンドグラスは、オリジナルで、
創設者夫妻を描いたもののよう。

Jeruzalemkerk - Bruges
階段を上がった上部にある、主祭壇。

Jeruzalemkerk - Bruges
イギリスの教会でもよく見かけるhatchment(ハッチメント)。
「忌中紋章」という日本語訳があるのを、Wikiで始めて知った。
下の2つは20世紀末の、比較的最近のもの。

Jeruzalemkerk - Bruges
ちょうど階段と主祭壇部分の下に当たる部分に、
True Cross(真の十字架)・・・だったと思うけれど・・・、
聖遺物が収められている。

Jeruzalemkerk - Bruges
写真を撮っているときは、てっきりDella Robbia(デラ・ロッビア)だと思って撮っていたんだけれど、
下に記されている記述の年号を見ると、
1899年の墓標なので、どうやら、
デラ・ロッビア・スタイルの19世紀末の陶板の様。
19世紀後半に、デラ・ロッビア・スタイルが
リヴァイヴァルしていたので。

Jeruzalemkerk - Bruges
中庭ではあじさいが満開。

Bruges - Town
教会を出ると、もうランチタイムなので、
住宅街を抜けて、同じエリアにある、
古いカフェ(パブ)に向かう。

Vlissinghe - Bruges
Café Vlissinghe(カフェ・フリシンガ)
1515年にはすでにこの場所で営業していたことが、
記録に残されている。
ブルージュで現役のカフェとしては、最古のものなのだそう。

Vlissinghe - Bruges
名物のミートボールを作り込んでいた厨房の横を抜けて、客席へ。

Vlissinghe - Bruges
裏に庭があって、そこにもガーデン席があるので、
そしてこの夏日、ランチのお客さんたちは
(自分たちも含めて)みんな、涼しいガーデン席へ。
なので、室内はガラ空きで写真が撮りやすい^^。

Vlissinghe - Bruges


Vlissinghe - Bruges


Vlissinghe - Bruges


Vlissinghe - Bruges


Vlissinghe - Bruges
で、これがそのミートボール。
Gehaktballen in biersaus(ビール・ソースのミートボール)
私にはちょっと塩辛い感じだったけれど、
ボリュームがあって美味しかったですよ^^。


次回もまた、ブリュージュから、
ランチも済ませて、また街の中心部に向かって散策した
写真を色々と。









*************************

by KotomiCreations



Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2





  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Index of all entries

Home > 2019年06月06日

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails