Home > 2020年02月

2020年02月 Archive

Musée Provençal du Costume et du Bijou, Grasse (プロヴァンス・コスチュームとジュエリー博物館)

モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


滞在していたAntibes(アンティーブ)から鉄道で1時間、香水の町Grasse(グラース)、まずはMusée Provençal du Costume et du Bijou, Grasse (プロヴァンス・コスチュームとジュエリー博物館)を。

最初に書いておくと、ここは、この町のメインの産業・香水のFragonard(フラゴナール)の博物館で(次回にも引き続き、香水部門の方の博物館を載せる予定)、2019年5月に訪れた段階では、この博物館が全体に大改装・再編成されている真っ最中だった様子。 そのせいなのだか・・・それとも、田舎の地場産業の博物館って、もともとこんな程度のものなんだか(無料だったし)・・・、自分的には「え?これだけ?」という感じで、けっこう肩すかしをくらった。
アンティーブより、ニースより、カンヌより、この博物館を、一番楽しみにしていたのにぃ~(笑)。
ま、V&Aを「ウチの資料室」呼ばわりしている私が、恵まれすぎているのかもしれないけど。


Musée Provençal du Costume et du Bijou
「ジュエリー、ジュエリーっ」と、勢い込んで入った部屋がこれ。
え?これだけ?
それでもって、箱の中のディスプレイが、
アングルはついているものの平置きで、
その上、箱の位置が、小人さんの私には高すぎる・・・。
で、結局、ガンレフで写真を撮ることが、ほぼ不可能で、
スマホのカメラで撮影。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
内容は主にクロス類と、珊瑚、カメオ。
イタリアに近い地方都市の典型なのかと。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
豪華なクロス・ネックレス。
石はシトリンか、ガラスペーストかな。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
イタリアをはじめ地中海では、
歴史的に珊瑚のジュエリーをよく見かける。
地中海の深部で、赤珊瑚が採れる(採れた?)のだそう。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
これはLava Cameo (ラーバー・カメオ)と呼ばれるもの。
18世紀に発掘されたポンペイ遺跡の記念品として、
比較的柔らかい火成岩(Lava)を使って、
ローマ的モチーフを立体的に掘り上げた
カメオ・ジュエリーが流行する。
イギリスでは19世紀のヴィクトリアン・ジュエリーによく見られる。
「ちょっとイタリアにツアーに出ましてよ」
「ポンペイを見てまいりましたの。」
的に、当時の文化人気取りするには必須のアイテムだったとか(笑)。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
これはシェル(貝)カメオの方。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
真っ黒にやけているので、
最初jet(ジェット)かと思ったけれど、
よく見ると・・・、銀地に金張りの金が剥がれて、
銀地がやけている・・・ような感じ。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
19世紀初期の、Cut steel jewellery(カットスティール・ジュエリー)
なんだけれど、錆が出ていて、コンディションはいまいち。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
ジュエリーが、ちょっと・・・・だったもので、
その次のコスチューム部へ。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
こういうチンツ(Chintz)プリントに、とてもソフトスポットあり。
日本語でいうと更紗になるらしいけど、そうするとジャワ・バティックなんか連想してしまうので、
チンツはあくまでもチンツなのだった。(<こういう>イメージ。)
話を簡単にすると、18世紀ヨーロッパの、
インドから影響を受けた、コットンプリントのこと。
伝統的なプロヴァンス柄のものも、大好きなのでした。
Trascon(タラスコン)のSouleiado(スレイアド)がお気に入りで、
遠い遠い昔(もちろんデジタル写真の時代でなかった頃)に、
スレイアド博物館に行って、
とても感激したので(で、タラスコン界隈に行く機会はその後ないので・・・)、
ちょっとそれを、ここに期待していたかもしれない・・・。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
そう、香水屋にファブリックを期待する方が、
間違ってたかもしれん、すまん・・・。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
愚痴らずに、あるものを堪能することに(笑)。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
コスチュームのボディのディスプレイにも、
比較的シンプルなクロスが合わせられている。

Musée Provençal du Costume et du Bijou

Musée Provençal du Costume et du Bijou

Musée Provençal du Costume et du Bijou
プリントのコットン生地だけでは、当時のスカートの、
どっしりした重量感が出ないので、キルティングされて、
重みを出している。
もちろん普段着として丈夫、というのもあるのだろうけど。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
やはり、プロヴァンスといえば、黄色。
コスチュームにも、ふんだんに黄色や、オレンジが使われている。
北ヨーロッパでは珍しいので、エキゾティックな感じがする。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
その次の展示室。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
この濃ゆいさ加減が、とても好き。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
普段には、こんな程度のシンプルなクロスを、
付ける程度にしか、ジュエリーを着けていなかった、
ということかな。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
このスカーフがいいー。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
リプロがあったら、買いたい・・・。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
このスカーフもいいな。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
これも欲しい^^。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
日差しの強い地中海は、やはり帽子がいる。
それもつば広のもの。
こんなふうに、腰に結んで持ち歩いていたもののよう。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
最後の部屋にあった、麦わら帽子のいろいろ。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
エプロン+スカーフ+ボンネットというのが、
南フランスの18~19世紀頃の、
女性コスチューム定番だったんだな。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
もう少し年配の女性のものだったのか、
落ち着いた色合い。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
女性用のマント。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
ショートジャケット。

Musée Provençal du Costume et du Bijou
そのプリントも、濃ゆくていい感じ。

でもまあ、展示はほんとに以上で終わり。
展示室的にはコスチューム2室+ジュエリーの1室。
Google Mapの写真を見ていたら、
後2-3室ある(あった)ようなので、
やっぱり再編成の過渡期なのかと・・・。
残念なタイミングだった。



Musée Provençal du Costume et du Bijou, Grasse
(プロヴァンス・コスチュームとジュエリー博物館)

Map:







*************************

by KotomiCreations



Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2





  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Grasse Town (グラースの町)

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2020-02-10 Mon 22:32:35
  • 場所
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


昨日はストーム・シアラが通り過ぎていって、庭の配偶者氏のバラのアーチがへし折れ、一方、本人は風邪でダウン(もう早々によくなってきましたが)。 結局、私が一人で後片付けしたり、新たに、もう少し丈夫そうなアーチをネットで探して、オーダーしたり、なにかと雑用が多い。
庭仕事のあと、風邪を移されたっぽくって、ちょっと調子が悪いけれど、熱が出ない体質なので、肉をたっぷり食べて、ズンバ行って汗かいたら治るんじゃないかと・・・。 相変わらずの肉食系おばさんです。

標本箱は、昨年の4月末の南仏、前回までのアンティーブから、鉄道で15kmほど北西に出たところにある町Grasse(グラース)のイメージを。
この町は香水のFragonard (フラゴナール)の本拠地で、お店からミュージアムまで、ここの産業は、すべてこの会社の傘下にあると言っていいんじゃないかな・・・という、香水の町。
以前アンティーブ滞在の、ダイジェスト版で載せたことがあるけれど<このページ>、ミラーレスの写真を追加して、再び少しずつご紹介。


Grasse - Town
丘の麓の鉄道駅から、
丘の上の町までバスで登って、
フラゴナールの香水博物館の前に立つ、
18世紀の香水売の像。

Grasse - Town
その横のドアが、以前は博物館への入り口だったと思われる、
のだけれど、2019年4月段階では、
改装中のようで、いろいろな別の建物を使って、
収蔵展示されている。
なんだかちょっと、改変過渡期のようで、ややこしい状態だった。

Grasse - Town
そこから横に入った路地が、ショッピング街。
ピンクの傘で「インスタ映え」なことになっていた。

Grasse - Town
その路地だけで3件、ブティックと雑貨とインテリアと、
すべてフラゴナールのお店。

Grasse - Town
ここでも夏に向かって、
珊瑚ネタ、流行っているようです。

Grasse - Town


Grasse - Town
これは少し離れたところにあった、
アンティークと雑貨のお店。

Grasse - Town
ウィンドウのネックレスがステキだったな。

Grasse - Town
町は全体にオレンジっぽく彩られている。

Grasse - Town
この街の感じは、もうほとんどイタリア。
あまり地中海の町のことは詳しくないけれど、
プロヴァンスの町は黄色っぽく塗られていて、
イタリア(トスカナ)の町は、オレンジ~サーモンピンク
に塗られているように感じるのだけれど・・・。
顔料になる土の違いなのかな。

Grasse - Town
などと考えながら、路地ばっかり撮っている。

Grasse - Town


Grasse - Town
外で餌をもらっている猫くんに声をかけたら、
えらい睨まれた(笑)。

Grasse - Town
このアーチ型に出っ張りのあるグリルは、
フィレンツェでよく見た。

Grasse - Town
教会の前を抜けて、

Grasse - Town
カフェやビストロの集まっている
Place aux Aires(プラス・オゼー)に出る。

Grasse - Town
いく前にざっと調べた時には、
フラゴナールの博物館に併設して、
カフェがあるのを見つけていたのだけれど、
来てみたら、改装・改変中なのか、そんなものはない。
なので、この広場のカフェでオムレツを。

Grasse - Town


Grasse - Town
路地だらけの旧市街を抜けると、
くねくね登ってきたバス道の大通りがひらけていて、
大型建築はこの通りに面している。
これは19世紀の劇場かな。

Grasse - Town
バス道に面した、階段状の公園。

Usine Historique Fragonard, Grasse
ミュージアム改装中は、ここに移転展示されている感じの、
フラゴナールHistoric Factory(歴史的工場)。
これらのミュージアムはまた次回から、順次載せいていきます。

Grasse - Town
向こうに見えるのはグラースの大聖堂。
ミュージアム巡りしていたら、大聖堂の方までは行けずじまい。

Grasse - Town
ここで大聖堂の手前に写っている、アプリコット色の建物が、
フラゴナールのメインの香水博物館。
この時は大改装中で、あまり見るものはなかった。

Grasse - Town
丘の麓の駅の方面を眺めたところ。
海は、鉄道で通り過ぎてきた、カンヌのビーチ。

Grasse - Town
帰りはバスが見つけられなくて、
駅までの抜け道を降りていく。
上りだときついかもしれないけれど、
降りる分にはこの方が、速くてよかったのかも。

次回からは、そのフラゴナールのミュージアムを色々と。







*************************

by KotomiCreations



Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2





  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Musée Picasso, Antibes (ピカソ美術館 -アンティーブ)

モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


南仏Antibes(アンティーブ)のイメージ、今回はここにある、Musée Picasso, Antibes (ピカソ美術館 -アンティーブ)を。
起源は中世以前に由来する、城塞を使ったこのミュージアムの経緯は、上記のリンク先に日本語で。
いやまぁ、ピカソがあまりに有名だからなんだろうけど、ヨーロッパ中に「ピカソ・ミュージアム」と名付けられた美術館が10ヶ所もある(日本語の一覧は<このページ>に)。
ここもその中の一つで、ピカソが6ヶ月間滞在して制作した作品が残されて、それを中心にして、出来上がった美術館。
(日本語版Wikiには「9月半ばから11月半ばまでの2月間」と書いてあるけれど、他の英語版等の記述はすべて6ヶ月になっているので、英語版に準じた。)
個人的にはピカソには、ぜーんぜん興味ないのだけれど(自分の絵画---のみならず、美意識全般は、19世紀末で止まっていて、20世紀以降が存在しない・・・笑)、前まで来て時間があったから見てみようかと思った程度で、あまり期待はしていなかった。


Seaside walk to Antibes
「アンティーブの町」のエントリーにも載せた写真だけれど、
海岸線の道から登ってきた、坂の上の城塞がそれ。

Musée Picasso, Antibes
坂を登ってエントランスへ。

Musée Picasso, Antibes
エントランスのピカソとフクロウの写真が、
チャーミングだったので、入ってみる気になった。


ちなみに、このフクロウは足に怪我をしていたのを、実際にここで拾われて、手当されて、そのままピカソのペットになって、パリに一緒に戻ったという話(は、英文で<このページに>)。
野生動物保護の見地からいうと、「自然に返してやれよ」なんだけれど、その後このフクロウにインスパイアされて、ピカソが多数のフクロウ作品を作っているので、「あぁもう、ピカソ先生のミューズになるんだったら、しかたないねぇ・・・」(笑)。
そして、不思議な縁というかなんというか・・・、フクロウはギリシャ神話のアテネのシンボルで叡智の象徴。 この当時ギリシャの土器に興味を持って、陶芸作品を制作し始めていたピカソとは、出会うべくしての出会いだった、ともいえるのかも。
そしてまた、古代のアンティーブのシンボルはフクロウだそうで、、ピカソ+フクロウのこの写真がまずここのミュージアムの正面を飾るのもよく理解できる。


Musée Picasso, Antibes
エントランスを入ってすぐの棚に、
いくつかの陶芸作品が展示されている・・・

Musée Picasso, Antibes
のだけれど、下階の展示室はというと、

Musée Picasso, Antibes
ピカソ以外の現代作家の展示が続く。

Musée Picasso, Antibes
いや、だから・・・、私は19世紀の人間なので、
このあたりは端折って、流し見。

Musée Picasso, Antibes
上の階に上がって最初の展示室に、
ピカソの絵付け皿が並ぶ。

Musée Picasso, Antibes
絵画より工芸よりの自分としては、
ここの展示が一番のヒット。

Musée Picasso, Antibes
ピカソの絵はウチに絶対いらないけど
(誰がやるって言った?・・・笑)、
このタイプのお皿なら欲しい。

Musée Picasso, Antibes

Musée Picasso, Antibes
何枚か、柄違いのセットだったらいいね。
(だから誰がやるって言った・・・?)

Musée Picasso, Antibes


Musée Picasso, Antibes


Musée Picasso, Antibes


Musée Picasso, Antibes
この部屋だけで、見に入ったかいがあったと思った。

Musée Picasso, Antibes
絵画・彫刻はちょっとナニですが・・・。

Musée Picasso, Antibes
その次の展示室の、

Musée Picasso, Antibes
ガラスケースの中のフクロウ君。

Musée Picasso, Antibes
絵画では、一連の牧神のシリーズがチャーミング。
「Satyre, faune et centaure au trident」
サティロスとフォーヌは下半身がヤギで・・・、
どこが違うのかは、私にも区別がついていない。
ケンタウロスは下半身が馬。
ここではトリデント(三叉槍)を持っている。
これはネプチューン/ ポセイドンが手にしているものと同じ。

Musée Picasso, Antibes
解説に制作風景の写真が。
この2対の彫像の間に、もともと掛けられていたんだな。

Musée Picasso, Antibes
壁面いっぱいの、大型サイズの作品。

Musée Picasso, Antibes
このシリーズの中では、この子が愛らしい。

Musée Picasso, Antibes
この子は目も、ちゃんとヤギの目(笑)。

Musée Picasso, Antibes
色味が渋くていいな。

Musée Picasso, Antibes
制作風景の写真も、色々展示されている。

Musée Picasso, Antibes
ふくろう君とピカソ。

Musée Picasso, Antibes
小さなテラスが外にあって、

Musée Picasso, Antibes
海と遥かにアルプスを望む、風光明媚。

思っていたより、ずっと楽しめた美術館でした。





Musée Picasso, Antibes (ピカソ美術館 -アンティーブ)
Prom. Amiral de Grasse, 06600 Antibes, France

Map:















*************************

by KotomiCreations



Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2





  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Antibes Markets (アンティーブのマーケット)-ブロカンテとフード-

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2020-02-03 Mon 08:00:00
  • 場所
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


前回の続編で、アンティーブの中心部で催されているマーケットのイメージを。


Saturday Market, Antibes
アンティーブ旧市街のあちこちでオープンしている
ブロカンテ・マーケット。
前回の蚤の市よりは、ずいぶん洗練された品揃え・・・、
というか、正確に言うと、観光客めがけた品揃え。
大きな家具やジャンクはなくて、
なかなかセンスのいい「小物」が中心。
つまり、お値段も一段と高い。
これは、後出のフードマーケットの近く。

Saturday Market, Antibes
メインの会場は、ミュージックスタンドのある、ナショナル広場。

Saturday Market, Antibes
掘り出し物があるかどうかはともかく、
フォトジェニックな風景。

Saturday Market, Antibes
この人達、実は前回の蚤の市で仕入れてくるのでは・・・?
と、ちょっと思った(笑)。

Saturday Market, Antibes
4月はもう夏日なので、ガラス器が日差しに映える。

Saturday Market, Antibes
そして、スーツケースに入れて持って帰れるサイズ、
って、考えられていると思う。
ここのスタンドのギリシャのアイコンに心惹かれた・・・。

Saturday Market, Antibes
そして、フレンチ・リネンも欠かせないアイテム。

このマーケットは、土曜日8:00am~1:00pmがメインで、
同じ時間帯で木曜もオープンしているという話。
木曜の方が、規模は小さいかもしれない。
基本的に年中オープンだけれど、
天気によってはオープンしていないこともあり。

メインのナショナル広場はここ:



***************


その次は、フード・マーケット。

Marché provençal, Antibes
Marché provençal(プロヴァンス・マーケット)と呼ばれている。

Marché provençal, Antibes
果物・野菜、ローカルな食品などなど。

Marché provençal, Antibes
入れ物がエコ・フレンドリー、かつ、とても可愛い^^。

Marché provençal, Antibes
新鮮でピカピカの野菜たち。

ここでは、魚を見かけなかったけれど、
後で聞いた話では、魚マーケットは、
別にPort Vauban(ポート・ヴォーバン)に早朝たつのだとか。
Netでは詳しい情報を調べきれなかったけれど。

Marché provençal, Antibes
いかにも南フランス。ハーブとスパイスのお店。

Marché provençal, Antibes
後ろのお店で売られている、かごバックも南仏情緒たっぷり。

Marché provençal, Antibes
クローズアップ。

Marché provençal, Antibes
その隣では、ハニーを売っている。
プロヴァンスはラヴェンダー・ハニーが名物なので、
家にも一つ買って帰る。
お土産に最適なんだけれど、瓶入りで、重いのがチョット難かな・・・。

Marché provençal, Antibes
本当は大瓶を3つぐらい買いたかったけど、
重さに負けて、一つだけ。

Marché provençal, Antibes



Marché provençal(プロヴァンス・マーケット)
火~日 7:30am–1pm (月曜休み)

Map;





*************************

by KotomiCreations



Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2





  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Index of all entries

Home > 2020年02月

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails