Home > 博物館・美術館 > Volkskundemuseum (Museum of Folk Life), Bruges (フォークライフ博物館、ブルージュ)-2-

Volkskundemuseum (Museum of Folk Life), Bruges (フォークライフ博物館、ブルージュ)-2-

モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


昨年の7月の、ベルギー小旅行で訪れたVolkskundemuseum (Museum of Folk Life= フォークライフ博物館)のイメージを、引き続き今回も。


Volkskundemuseum, Brugge
一連なりの町家の裏には、中庭がある。
トンガリ屋根の建物は、公開されていなかったけれど、
確かこのHoff(ホフ)の住人のための、
チャペルだったと思う。
しばし、爽やかな風の通る中庭で休憩。

Volkskundemuseum, Brugge
ベルギーは(紆余曲折あるけれども)基本カソリックの国なので、
どこの家にも、宗教的な飾り額がいくつも架けられていた。
ちょうど、お守りや御札を壁に貼っておくのと同じ感覚。

Volkskundemuseum, Brugge
多くは、ここのようなホフに居住する、老婦人や、
修道院の手仕事で、自宅に飾るためであったり、
また、修道院や教会を通じて、門徒や巡礼者に販売された。

Volkskundemuseum, Brugge
自分も歳が、そいういう「おばあちゃん世代」に
近づいてきたからかも知れないけど、
こういう民芸的な手仕事に興味が一段と出てきて、
近年、自分のオブジェ作品に取り入れたりしている。

Volkskundemuseum, Brugge
この細い紙テープをクリクリ丸めた、
Quilling(クイリング)のヴァリエーションを、
只今研究中。

Volkskundemuseum, Brugge
根気のいる作業なので、
自分に向いてるのかどうかはわからないけれど(笑)。

Volkskundemuseum, Brugge
生地や金箔紙をコラージュした聖母子。
18世紀的な、おっとりした筆のタッチが愛らしい。

Volkskundemuseum, Brugge
サンタクロースの原型の、聖ニコラス。
黒のプリントに、手彩色。
3人の貧しい娘に、(結婚持参金のための)
金貨をこっそり窓から投げ込んで助けたことから、
プレゼントの聖人さんということになっている。

Volkskundemuseum, Brugge
ガラス絵(板ガラスの裏から着彩された絵画)の
聖カテリナ。
これも18世紀的な素朴なタッチ。

Volkskundemuseum, Brugge
これもガラス絵で、聖心の聖母。
ガラス絵がいいなーと思っていたら、
11月にベルギーのマーケットで、
一枚ゲットできて、とても嬉しい^^。

Volkskundemuseum, Brugge
そして、Ex-voto (エクス・ヴォト)達。

Volkskundemuseum, Brugge
で、宗教ネタのあとに続けると、
ちょっと罰当たりかも、な、ゲームボード。
というか、博打ですね。
パターンがシンボリズム的。

Volkskundemuseum, Brugge
次はレトロなタバコのパッケージ。
とても、罰当たり(笑)。

Volkskundemuseum, Brugge
そして、飲み屋。
ここは、博物館の一環で現在でも営業している、
カフェ(イギリスでいうなら、パブ)・黒猫。

Volkskundemuseum, Brugge
ちょうど、L字型の博物館の角に位置していて、
博物館の中からも、外からも入れるようになっている。

Volkskundemuseum, Brugge
右側にある大きなキャビネット上の家具は、
オルガンじゃないかな。

Volkskundemuseum, Brugge
デルフトタイルの黒猫君。
9年前に来たときは、実際に博物館猫の黒猫君がいて、
ここのカフェの椅子の上で日向ぼっこをしていた。
今はもういないのか、それともどこかにいるのかな。

Volkskundemuseum, Brugge
これは19世紀の家庭のキッチン。
ベルギー独特の前にせり出した形のストーヴ。

Volkskundemuseum, Brugge
グリルのついたキャビネットの扉が、
ペーターおじさんの作品を連想させる。
あー、こういうのを使ってるんだ^^。

Volkskundemuseum, Brugge


Volkskundemuseum, Brugge
ブルージュはボビンレースの産地でもある。
この博物館の斜め向かいに、レース博物館がある。
そしてレース専門のアンティークショップも、
同じ通りにある。
そのイメージは、また次回にまとめて。

Volkskundemuseum, Brugge
家庭の中心、キッチンを見守る小さな祭壇。

Volkskundemuseum, Brugge
キャビネットの中の、味わいのある吹きガラス器達。

Volkskundemuseum, Brugge
上階に上がって、こちらは20世紀中頃の
キッチン・ダイニング。
OXO(オクソって呼んでるけど、日本カナ表記ではオキソが
スタンダードなのかな?)スープキューブって、
実はドイツで、19世紀中に発明されたものだそう。
ロンドンのテムズ川に面して、オクソタワーが建っているので、
てっきりイギリスのものだど思い込んでいた。

Volkskundemuseum, Brugge
オーヴンもミッドセンチュリーっぽくなっているけれど、
前に突き出した形はそのまま。
ベルギー名物ワッフル焼くのに便利。

Volkskundemuseum, Brugge
最後に、この部屋のキャビネットの引き出しの中の
裁縫用具(というか、繕い用具)。


次回は、この同じ通りを進んで、
レース博物館やら、アンティークショップやら、
エルサレム教会などのイメージを。



Volkskundemuseum (Museum of Folk Life)
フォークライフ博物館

Balstraat 43, 8000 Brugge, Belgium

Map:





*************************

by KotomiCreations



Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2





関連記事

Home > 博物館・美術館 > Volkskundemuseum (Museum of Folk Life), Bruges (フォークライフ博物館、ブルージュ)-2-

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails