Home > 場所 > Nice Town (ニースの街)-1- ・・・と、ロンドン郊外のコロナ状況。

Nice Town (ニースの街)-1- ・・・と、ロンドン郊外のコロナ状況。

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2020-03-15 Sun 16:00:00
  • 場所
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


ヨーロッパも只今コロナ・ヴァイルスでパニクっております。
UKは地続きでないせいか、今のところ、イタリア・スペイン・フランスほど感染者/死者が出てないこともあり、比較的ゆるいherd immunity(集団免疫)に向かう方法が取られていて、今のところ、店もイヴェントも学校もやってます。(多分、今週明けてから、500人以上の屋内イヴェントはキャンセルするよう指導がでると思われる。)
そんなわけで、今日もジムでヨガやってました。ジムのマットや備品を、使う前と後に、スタジオ備え付けの殺菌スプレーをかけて拭くこと、参加者はお互いに1m以上距離をあけること、正しい手洗いを徹底すること・・・というガイダンスはあるんだけれど、ジムが開いているだけありがたい。
週末に軒並みあったズンバのイヴェントは、「ハグし合えないなら、延期したほうがマシ。」という、画期的かつ、ラテンな理由ですべて延期に。 うーむ、ヴァイルスがラテン系の国で蔓延するのと、ハグ文化は大いに関係してるのかもー(笑)。
ジムのズンバは、ハグ禁止です(笑)。

比較的落ち着いているはずの英人ですら、スーパーで買いだめ、トイレットペーパーの買いだめ絶賛遂行中で、小売店協会から、「パニック買いしなければ、ちゃんと問題なく流通できているから、パニック買いは止めましょう。」のお達しが出た。
デリバリー・スーパーマーケットのOcado(オカド)も、サイトが過剰アクセスでダウン中。
いつでも、重いもの(豆乳とかスープとか)だけ買ってたんだけれど、オーダーできずに、トロリー引っ張ってWaitrose(スーパー)行きましたよ。
70歳以上の人は、外出を控えるようという、指導も出たので(ゆるゆるコントロールしながら、ヴァイルスを蔓延させる、集団免疫に向かっているので)、80歳のウチの主夫・配偶者氏は、出かけずに、私が買い物行くんかい・・・ということになっています。

そもそも、私は平熱高くて、高熱の出ない体質で、心肺機能がすこぶる強いので(息切れしたことがない)、もしヴァイルスにかかっていても、ほとんど気づかないんじゃぁないのか?という懸念、大いにあり。
そして昨日は、断捨離のホコリのせいだと95%思うけれど、喉が痛くてちょっとゾクゾクする感じもあって、体調悪かったけれど、いつもより多い目に肉を食べて、熱風呂に入って、レモン生姜湯を飲んでよく寝たら、朝にはなんともなくなっていた。
でも、これがコロナじゃなかったっていう、100%の保証はないので・・・またまた、家庭内別居中。

旅行では、4月にまた日本から旧友がやってきて、一緒にパリとモン・サン・ミッシェル行く予定だったんだけど、フランスはほぼキャンセルになりそう。でもまだ、今月末まで様子見中。

何かと不便だけど、コンチネント(ヨーロッパ大陸)諸国の「えらいこと」ぶりに比べたら、どうってことない程度のもの。このまま、なんとか横ばいで、春以降の消滅に向かって持ち込んでいただきたい。

と、いうところで、コロナ状況の記録はこれぐらいにして、気分を洗い流すのに、ニースのイメージを、まずはそのビーチから。


*************************

Plage Blue Beach, Nice
ニースといえば、ビーチ。
Côte d'Azur(コート・ダ・ジュール)の名の通り、
海が本当に青い‼

Plage Blue Beach, Nice
灰色の空の下のイギリスの海は、
こんなに青かったためしはない。

Plage Blue Beach, Nice
空と海は青いけれど、ビーチ自体は砂利浜で、
第一印象は、イギリス南岸の海水浴場Brighton(ブライトン)。
世界級のニースのビーチには失礼だけど・・・(笑)。

Plage Blue Beach, Nice
もちろん、海の色がブライトンなんかより鮮やか。

Saleya Marche a la Brocante, Nice
海岸の東側を、海岸に沿って走るモーターウェイをくぐって、
この前のマーケット通りをこえて北に向かうと、
そこは旧市街。

Nice - Old Town
坂と細い路地が続く。

Nice - Old Town
奥にバナーがかかっているのが、Musée du Palais Lascaris。
ここは中も見てきたので、
また次回にでも標本箱に詰め込むことに。

Maison d'Adam et Eve, Nice
Maison d'Adam et Eve(アダムとイヴ屋敷)と呼ばれる、
1584年建造の屋敷。

Maison d'Adam et Eve, Nice
現在その下は、香水・石鹸屋さん。

Nice - Old Town
南仏名物、カラフルなマルセイユ石鹸も、
ここで売られている。

Nice - Town
路地を歩いていくと、
Cathédrale Sainte-Réparate de Nice
(ニース大聖堂)のタワーが見えてくる。

Nice - Town
その手前の賑やかなカフェ、ビストロの並ぶ
Place Rossetti(ロセッティ)広場に出る。

Cathédrale Sainte-Réparate de Nice
大聖堂の正面。
現在の本堂は17世紀後半、
ベルタワーは18世紀前半の建造。

Cathédrale Sainte-Réparate de Nice
ファサードのクローズアップ。

Cathédrale Sainte-Réparate de Nice
中は、程々に華やかで、きちんと修復されている。

Cathédrale Sainte-Réparate de Nice
メインの祭壇画は、マリア母様のアサンプション(昇天)。

Cathédrale Sainte-Réparate de Nice
こちらの方が重厚な感のある、
サイドチャペルの祭壇。

Cathédrale Sainte-Réparate de Nice
とても17世紀な、バロック様式。

Cathédrale Sainte-Réparate de Nice
こちらの祭壇はマリア母様の彫像。

Cathédrale Sainte-Réparate de Nice
17世紀は18世紀より、重くて濃厚な感じ。

Cathédrale Sainte-Réparate de Nice
その上部。

Cathédrale Sainte-Réparate de Nice
また別のチャペル。

Cathédrale Sainte-Réparate de Nice
天井部分の装飾にいつも目が釘付け。

Cathédrale Sainte-Réparate de Nice
祭壇も、これは大理石インレイの見事なもの。


次回も、ニースの街のイメージの続編を。





by KotomiCreations



Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2





関連記事

Home > 場所 > Nice Town (ニースの街)-1- ・・・と、ロンドン郊外のコロナ状況。

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails