Home > Kotomiジュエリー > Kotomiジュエリー-お手入れ方法-How to keep Kotomi-jewellery sparkly

Kotomiジュエリー-お手入れ方法-How to keep Kotomi-jewellery sparkly

先日いろいろジュエリーをお買い上げいただいたお客様から「お手入れ方法を教えて欲しい」というリクエストがあった。
その方にはメールで返信したのだが、そういえば、一度も正式に書いたことがなかったな、と思い当たった。
なので、今日はその話。このページは「お手入れ方法」として右コラムにリンクを貼っておく予定。
(今日のヴィジュアルは・・・これはもう最低です、ご容赦・・・笑)

This page is about how to maintain Kotomi-jewellery in sparkly condition!?

私のジュエリーに限らず、ファッションアクセサリー(日本で言うところの「アクセサリー」)全般同じようなお手入れ方法と考えていただいてよいかと・・・。

Not only for Kotomi-jewellery, this is the comprehensive way to look after your fashion/ costume jewellery...

まず、普段はつけた後、乾いた柔らかい布で全体を軽く拭いておく。ブラウスやセーターの上からつけている場合は、ほとんど汚れないので、その必要すらない位。夏(特に日本の夏!)素肌に着けた後、そして汗かきさんの場合は、この「乾拭き」は大切なポイント。
(シルヴァーと違って、空気に触れて酸化変色するものではないので、シルヴァー磨きクロスは使わないでください。クロスに浸透させてある薬剤が、逆に悪影響を与えてしまうので。)

First of all, please always gently wipe your jewellery with a soft dry cloth after wearing each time.
If you wore it over your blouse/ jumper, you may not even need to do this, because jewellery won't have touched your skin directly, but especially in summertime, and if you sweat a lot, then "dry-cloth-wipe" is a "must"!!
(Please never use "silver/metal-polishing-cloth" for this, as it contains chemical substances. Kotomi-jewellery is not made with silver/metal, but from polymer clay, thus that type of cloth could easily damage the clay parts.)

それでも、何度かつけているうちに、石やビーズ部分が曇ってきたり、ねっとりした感じになってくるかもしれない。そんな時に、私の経験上一番効果的だったのが、水を含ませて固く絞ったE-cloth で磨くこと。

Although you wipe with a soft dry cloth every time, eventually the stones and beads may lose their shine and begin to be a bit sticky. Then, in my experience, softly polishing with water-wet and well-squeezed "E-cloth" is the best solution.

E-cloth
これは仕上がってきたペンダントヘッドを、洗って磨いているところ。
ここで使っているのもE-cloth。
Actually I myself use this E-cloth for final process of my jewellery making.
The finished and washed pendant heads are always polished with this cloth.

E-cloth
こんなもの。 E-cloth is like this.


これはイギリスで売られているものだが、要は「マイクロファイバー拭き掃除用クロス」なら、大体同じような効果があるはず。「水でぬらすだけで拭き掃除、洗剤はいりません。」といって売られているもの。
フェイスタオル程度にケバがあるタイプが、ケバのないガラス磨き用と称されているタイプよりも効果的。

This "E-cloth" is just one example of these type of cloths which are sold in U.K. Anything which sold as "micro-fibre cleaning cloth" should have similar effect. They are sold as saying " you don't need detergent, just with water, everything will be sparkly".
Micro-fibre cloths with pile/nap, as in face-towels, is more effective than the ones without pile.

そして、この水ぶきの後は、乾拭きして、よく乾かすことをお忘れなく。(でないと・・・特にメタルのパーツやチェインは錆が出安くなりますので。)

And after this wet-wipe, please wipe well again with dry soft cloth and allow your jewellery to dry well before putting it away.

もちろん、皆さんご存知とは思うのだけれど・・・Kotomiジュエリーは金属でできたものではないので、「超音波金属磨き器」は、けして使わないでいただきたい。どんなことになるかは・・・私も知りません・・・(笑)。

And, of course, I believe everyone knows(!?), but please never use "Supersonic wave metal polishing machine"!! Kotomi-jewellery is not made with metal. If you do so....I don't know what will happen!!

-----------------------------------------------------------------------------------


他に注意していただきたいことを少し。
レーベル裏にも書いてあるけれど、「香水と高温をさけてください。」

Another couple of points of caution...
I state on the back of my labels "Please keep away from perfume and heat". So please remember this...

まずは「香水」から。香水、オーデコロン、ヘアー・スプレーといった、揮発性アルコールがファッション・アクセサリーすべてに関して、最大の敵。直接かからないようにしてください。
ファッション・アクセサリーにはたいてい樹脂(Kotomiジュエリーも・・・)、プラスチック、塗料(塗りパール等)が使われている、これらはアルコールに対して耐性が全くない。樹脂に溶剤を、ふりかけているようなもの。ツヤがなくなる、弱くなる、剥げてくる、最大の原因がこれ。天然石でも、本真珠、オパールなどの柔らかいものは、この揮発性スプレーでツヤを失ってしまう。
Kotomiジュエリーの場合、ペンダントのゴールドカラーがすぐに落ちてしまう、樹脂部分がねちねちして柔らかくなってくる、石がぐらぐらして落ちてしまった・・・というようなことがおきがち。

まず、香水を付けて、揮発成分がよく蒸発してから、ジュエリーをつける様にしてください。それなら、全く大丈夫です。

Firstly about "Perfume"... Perfume, eau-de-Cologne, hair-spray and these volatile alcohol-based substances are the worst enemies for costume/ fashion jewellery. Never spray directly on to the jewellery!!
Most costume/ fashion jewellery contains resin (Kotomi-jewellery, too), plastic, paint-coat (e.g. fake pearls), these are too weak against alcohol. It is like spraying solvent on resin!! Jewellery loses its shine, coat and/or becomes weak. Even semi-precious natural materials like fresh-water-pearls and soft stones like opal could loose their shine, and become weak.
In case of Kotomi-jewellery, pendant-heads could lose their gold colour promptly, resin parts could become soft and sticky, and the stones could become loose and fall out....

If you are going to wear perfume/eau-de-Cologne/hair-spray, please allow it to evaporate before putting on jewellery, then no problem at all.

次に「高温」。Kotomiジュエリーのペンダントヘッドは、ポリマークレイと呼ばれる樹脂で成型して、オーヴンで焼いて製作している。このポリマークレイ、一度焼成した後は硬くなるのだけけれど、50℃以上になるとまた柔らかくなる傾向がある。なので、ヒーターの上や、夏の車のダッシュボードにおいておかないようにしてください。
もし、柔らかくなってしまったら・・・そのままそっと冷やしてください。ちゃんと元通りになります。柔らかい時に力をかけると、石が落ちてしまう危険があるという程度の話です。

Secondly, "Heat". Kotomi-jewellery is made with polymer-clay and baked in the oven. This material is perfectly firm after baking, but if it is kept over 50℃, it tends to be soft again. Therefore, please avoid top of a radiator and/or dash-board in a car in a summer day.
But if it happen by mistake... no worry, move it carefully and cool it down. It should be O.K.
If it pressed strongly when it is hot and soft, stones might be fall... this is the only risk of heat.

-----------------------------------------------------------------------------------


それでは、Kotomiジュエリーをいつまでもお楽しみください^^。

I hope you enjoy Kotomi-jewellery many coming years : )












関連記事

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kotomicreations.blog69.fc2.com/tb.php/111-a2e77ea4
Listed below are links to weblogs that reference
Kotomiジュエリー-お手入れ方法-How to keep Kotomi-jewellery sparkly from Visual標本箱

Home > Kotomiジュエリー > Kotomiジュエリー-お手入れ方法-How to keep Kotomi-jewellery sparkly

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails