Home > 博物館・美術館 > The Wallace Collection(ウォレス・コレクション) -5-

The Wallace Collection(ウォレス・コレクション) -5-

The Wallace Collection(ウォレス・コレクション)より最終回は、West Galleryより。


The Wallace Collection, London
West Gallery(西ギャラリー)は、
この部屋から始まって、

The Wallace Collection, London
まだこの先に繋がっているのだけれど、
このとき公開されていたのは、
この展示室の半分まで。
コロナ騒動の影響で、
キャビネットを覗き込む形式の展示が
難しかったのかもしれないけれど。

The Wallace Collection, London
この展示室で最も目を引く、
フランス画家、Ary Scheffer(アリ・シェフェール)の、
19世紀中頃の作品Paolo and Francesca
パオロとフランチェスカ
ダンテの神曲の中の挿話を描いたもので、
何枚も同じテーマで描かれている中の、
最初のヴァージョンが、
ここに収蔵されているのだそう。
ほぼ同じものがルーヴルにも収蔵されている。

そういえば、チャイコフスキーの
Francesca da Riminiという
小篇のなのにエピック的に
仰々しい曲があったのを思い出した(笑)。

The Wallace Collection, London
その絵画の前には、ダンテの胸像
19世紀中頃のイタリア、フローレンス製。

ここから、階段を降りてグランド・フロアへ。

The Wallace Collection, London
インテリアが描かれていると、
つい覗き込んでしまう。
Hendrik Leys(ヘンドリク・レイス
Frans Floris going to a Saint Luke's Day Feast 1540
(聖ルーク祝祭に向かうフランス・フローリス)」
レイスは19世紀のベルギーの画家で、ここでは同じく現ベルギー、
アントワープの16世紀の画家、フローリスを描いている。
聖ルークというのは、
ヨーロッパ各地で画家組合の名称でもあり、
ここに登録された記録によって、
歴史的に画家の活動が裏付けられている。
ちなみに、男性のコスチュームや、
インテリアの雰囲気が、
イギリス・テューダー期のものによく似ているので、
てっきりイギリスの絵画だと思っていた(笑)。

The Wallace Collection, London
階段を降りると、下の階は武具の展示。

The Wallace Collection, London
テューダー期のフルメタルの鎧。


ここで少し、余談・・・。
ここのウォレス・コレクションに、その業界(歴史業界・・・笑)では有名なキュレーター、Tobias Capwell(トビアス・キャプウェル)博士がいる。
アメリカ人ながら、中世~テューダー期(12~16世紀)の武具の専門家で、研究者でありながら、実際にジャウスト(Wiki.jpではフランス語発音のジョストになっている)競技者でもあるという、世界でも唯一の博士。
ハンプトンコート・パレスのトーナメント・イベントも博士の監修で、スケジュールが合えば、博士自身で参加することもある(私も一度だけ拝見したことがある^^。)


Champion, George Boleyn
右がキャプウェル博士。


ここの武具室を見ていて、まず思い出したのが、他でもない、この博士のことだった・・・という次第。




博士の勇姿をYoutubeで。

The Wallace Collection, London
ヨーロッパの武具の展示室。

The Wallace Collection, London
アンティークなキャビネットが並ぶ。

The Wallace Collection, London


The Wallace Collection, London
16世紀初頭のドレッサー
19世紀の修復が一部入っているが、
ゴシックな透かし彫りのパネルは
オリジナルのもの。

The Wallace Collection, London
そのパネルのクローズアップ。

The Wallace Collection, London
ドレッサーの上に展示されたクラウン。
これは教会の聖母像を飾るためのものだった。

The Wallace Collection, London
その隣の展示室は、
インド~中近東の武具のコレクション。

The Wallace Collection, London
トルコの物が多かった。

The Wallace Collection, London
窓に嵌められた装飾的なグリルの影。

The Wallace Collection, London
通常なら、この中庭部分に
アフタヌーンティーもできるティールームがあって、
とても落ち着けるいい雰囲気のところだった。
このコロナ騒動で、それもクローズ。

The Wallace Collection, London
地下のトイレに行く途中にある、
オーヴァル(楕円)型の部屋。
ここの展示も全て撤去されている。

The Wallace Collection, London
最後に、もう一度エントランスに戻ってきた。
その暖炉。
手前の胸像は、チャールズ1世かと。

The Wallace Collection, London
正面の胸像は、ここのコレクションのコアを築いた、
4th Marquess of Hertford(4代目ハートフォード侯)。

The Wallace Collection, London

最後にもう一度外観を。





The Wallace Collection
(ウォレス・コレクション)


Map:





*************************

by KotomiCreations



Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2





関連記事

Home > 博物館・美術館 > The Wallace Collection(ウォレス・コレクション) -5-

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails