Home > 博物館・美術館 > John Singer sargent (ジョン・シンガー・サージェント)-Tate Britain と「サージェントと海」展

John Singer sargent (ジョン・シンガー・サージェント)-Tate Britain と「サージェントと海」展

ひき続きTate Britain (テート・ブリテン)から、今日は私の好きなJohn Singer Sargent(ジョン・シンガー・サージェント)のイメージ。
彼は前回の19世紀イギリス絵画のジャンルに属するのだが、特に「古典主義」でもなければ「ラファエル前派」の影響も大して受けていない。特にドラマや伝説を描いたわけでもない。純粋に「肖像画家」と考えていいだろう。
肖像画家は現代で言えば、ポートレート写真家のようなもの。政府関連の建造物に収める絵画を描くまでに社会的に認知されるのでもない限り、この肖像画のコミッションを受けるのが、当時の画家の一番の収入源。
サージェントの流麗なタッチは、この肖像画のジャンルでも秀逸、ファッショナブルでトレンディーであったともいえるだろう。
Tate Britain(テート・ブリテン美術館)にも彼の作品が数々収蔵されているが、まずはその中から・・・。

Carnation, Lily, Lily Rose, by John Singer Sargent, 1885-6
Carnation, Lily, Lily Rose 「カーネーション、リリー、リリー、ローズ」 1885-6年

テート・ブリテンの中でも代表作の一つ。イギリスの夏、長く続く黄昏時の、涼しく青ざめた空気までもが写しとられている・・・。


Study of Mme Gautreau, John Singer Sargent, circa 1884
Study of Mme Gautreau 「ゴートリュー夫人習作」 1884年

当時としては、あまりにも「色っぽ過ぎる」というので、スキャンダルになった作品の、これは習作ヴァージョン。完成作のほうはN.Y.メトロポリタン美術館所蔵。パリでのこの絵画にまつわるスキャンダルが原因とも言われているが、サージェントはイギリスに活動の場を移動する。Welcome to Londonである(笑)。


Portrait of Mrs Robert Harrison, John Singer Sargent, 1886
Portrait of Mrs Robert Harrison 「ロバート・ハリソン夫人の肖像」 1886年

シフォン、タフタ、ジョーゼットといったドレスの生地の質感の表現は、いつもながら・・・お見事。


Mrs Carl Meyer and her Children, John Singer Sargent, 1896
Mrs Carl Meyer and her Children 「カール・メイヤー夫人と子供達」 1896年

Tate Britain収蔵の中の私の「お気に入り」。彼の肖像画は「実際以上に美しく描く」と言われているが、この親子の表情の華やかなこと・・・。

Part of Mrs Carl Meyer and her Children, John Singer Sargent, 1896 2
上記絵画ディーティール。

Part of Mrs Carl Meyer and her Children, John Singer Sargent, 1896
上記絵画ディーティール。

うーん、どうしてグレイの上にクリームのハイライトのタッチを入れるだけで、この少年の上着が「ベルヴェット」であることが表現できるのだろうか・・・。ラファエル前派やギュスターヴ・モローは大好きだが、もし自分が誰のように描けるようになりたいか(なりたかったか)というと・・・サージェントなのだ・・・。


Ena and Betty, Daughters of Asher and Mrs Wertheimer, John Singer Sargent, 1901
Ena and Betty, Daughters of Asher and Mrs Wertheimer 
「アシャーとワーティマー夫人の娘、エマとベティ」 1901年

こちらも、クリーム地はタフタに、ボルドー地はヴェルヴェットに描き別けられている・・・。


The Misses Hunter, John Singer Sargent, 1902
The Misses Hunter 「ハンター嬢達」 1902年

ドレスの下に着ているペチコートの量感まで伝わってくる。

この後のイメージは、Tate Britain所蔵のものではないが、サージェントの私の「お気に入り」を羅列してみよう。

Fumée d'Ambris Gris
Fumée d'Ambris Gris 「灰琥珀の煙」

The Countess of Rocksavage
The Countess of Rocksavage 「ロクサヴェージ伯夫人」

Ellen Terry as Lady Macbeth
Ellen Terry as Lady Macbeth 「エレン・テリー演じるマクベス夫人」

Lord Ribblesdale
Lord Ribblesdale 「リブルスデール男爵」

Portrait Of Carolus-Duran
Portrait Of Carolus-Duran 「カルロス・デュランの肖像」


多分・・・コスチュームに惹かれているんだろうな(笑)。

この肖像画の天才サージェントなのだが、晩年は肖像画からは「引退」して、主に風景画を描いていた。画家として売れる以前の若い頃に、故国アメリカに渡る折に描いた海の景色に引き戻されるかのように、何度も海を描いている。その彼の描く海をテーマにした展覧会「Sargent and the Sea(サージェントと海)」が、今年の夏Royal Academy(ロイヤル・アカデミー)で催されていた。

Sargent and the Sea Exhibition
エキジビションのバナーを建物の前の噴水とともに撮ってみた。

En Route pour la peche, Setting Out to Fish, John Singer Sargent, 1878.jpg
En Route pour la peche 「漁に向かう」 1878年

Atlantic Sunset, John Singer Sargent, c.1876
Atlantic Sunset 「大西洋の日没」 1876年頃

On the Sands, John Singer Sargent, c.1877
On the Sands 「砂の上で」 1877年

A Boat in the Waters off Capri, John Singer Sargent, 1878
Boat in the Waters off Capri 「カプリの外れの水に浮かぶボート」 1878年


最後の絵の水の透明感と質感が秀逸・・・このスキャンしたイメージでは全然伝わらないが・・・(笑)。

次回は再びTate Britainに戻って、チューダー期の絵画から、相変わらずディティールやら、ジュエリーやらにフォーカスしてみよう。










関連記事

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kotomicreations.blog69.fc2.com/tb.php/129-565a6464
Listed below are links to weblogs that reference
John Singer sargent (ジョン・シンガー・サージェント)-Tate Britain と「サージェントと海」展 from Visual標本箱

Home > 博物館・美術館 > John Singer sargent (ジョン・シンガー・サージェント)-Tate Britain と「サージェントと海」展

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails