Home > 博物館・美術館 > Watts Gallery (ワッツ美術館)

Watts Gallery (ワッツ美術館)

先月のTate Britain(テート・ブリテン美術館)の標本箱<ここ>で、G.F.Watts(ジョージ・フレデリック・ワッツ)の作品を展覧したことがある。その時にWatts Gallery(ウォッツ美術館)に少しふれて、「2011年春まで、大改装工事のため閉館しているが、以前訪れた時に撮った写真があるので、またいつか標本箱に詰め込んでみよう。」などと書いていたことを思い出した。
なので今回は、そのWatts Galleryのイメージ。撮影は2008年の初夏で、まだコンパクトカメラの頃なので、映像がいまひとつなのはご容赦・・・。

Watts Gallery
ギャラリー全景。
ワッツが後年に移り住んだSurrey(サリー)州、Compton(コンプトン)村の住居の近くに建設されたもの。
1904年4月1日にオープンされたが、ちょうど3ヵ月後の7月1日にウォッツは亡くなっている。

Watts Gallery, Compton, Surrey
撮影:Jon's pics @Flickr
ギャラリー内のイメージ。

Paola and Francesca
Paola and Francesca パオラとフランチェスカ 1872-5
ダンテの「神曲」地獄編に登場するフランチェスカ・ダ・リミニパオロ・マラテスタ
悲恋の主人公達は永遠に地獄の激風に漂い続ける運命。ロマン派の絵画や音楽に好まれたテーマ。
うーん、果たしてそれは地獄なのだろうか?

Endymion
Endymion  エンディミオン
ギリシャの女神セレーネー(ディアナともいわれている)に愛されたエンディミオン。
老いることを許されず、眠りにつかされる。
女神はまるで繭のように、エンディミオンを包み込んでいる・・・。

Time, Death and Judgement
Time, Death and Judgement 時間と死と審判
壁画のための習作かもしれない・・・。

Love and Triumphant
Love and Triumphant 愛と勝利。
死をも超越する愛の象徴。

Oil study for Love and Life
Oil study for Love and Life 「愛と生」のための油画習作。
愛は、頼りなげな生を導く守護天使の姿で描かれている。

Alfred Lord Tennyson
Alfred Lord Tennyson アルフレッド・テニソン卿
同時代の国民的詩人テニソンの像。ウォッツは彫刻家としても有名。

Tennyson by Watts
撮影:Martin Beek @Flickr
ブロンズの完成作はLincoln Cathedral(リンカーン大聖堂)敷地内に建っている。

Inside of the Sculpture room
彫刻室の一角。さまざまな参考資料の彫刻が無造作に一角にかためられている。

Inside of the Sculpture room
彫刻室の飾り棚のをのぞく。

Figure
このイメージも彫刻室より。


彼は46歳のときに30歳年下の(つまり16歳の)後年の大女優、Ellen Terry(エレン・テリー)と結婚する。彼女をミューズとしていくつも作品が描かれるが、奔放な彼女とは気質が違いすぎたのか、一年とたたないうちに逃げられてしまう・・・。
その20年後、69歳で再婚したのが画家のMary Seton Fraser-Tytler(メアリー・シートン・フレイザー=タイトラー、結婚後、メアリー・シートン・ワッツ)でこのときも30歳以上年下の奥様。
しかし、精神的に成熟した、自身もアーティストであるメアリーとは、お互いに尊重しあうよい関係が保たれていた。このメアリーの作品も多数美術館に残されている。
彼女のケルト美術とアールヌーヴォーから影響をうけた、レリーフ、工芸作品がとりわけ印象に残る・・・。

Part of Commemorative Relief of Triptych "Death crowning innocence"
Death crowning innocence 無垢に桂冠する死

Relief for the Chapel
チャペルのためのレリーフ

Relief for the Chapel
チャペルのためのレリーフ


この「チャペル」というのは、このギャラリーからギャラリーの面するDown Laneを300mほど南西に下ったところに建つWatts Chapelのこと。19世紀の労働者や低所得階級の人々にアートや手仕事の技術を伝えることで、彼らの生活水準を精神的に、そして物質的に高めるという、社会主義的芸術論に協調した、ウォッツ夫妻のプロジェクトとして建てられた地区教会。
次回は、ここのイメージを展覧してみよう。

--------------------------------------------------------------------------------


最後にギャラリーへの行き方を簡単に日本語で解説(英語版はこのページ):

セントラル・ロンドンからだと、Waterloo(ウォータールー)駅からGuildford(ギルフォード)へ。毎時4本、35分程度。

Guildfordの駅から5分程度歩いて(タウンセンターという表示に従って、橋を渡り信号を渡りショッピングセンターの中へ。バスターミナルの表示に従ってバスターミナルへ)の、Friary Shopping Centre(フライアリー・ショッピング・センター)裏のフライアリー・バスターミナルへ。(駅からの地図はここ
5番スタンドから、9時から5時まで、毎時5分過ぎに発車(1時間に一本)の46番バスがギャラリーの入り口に泊まる。(ドライバーに「ウォッツギャラリー」と知らせておくと、きっと教えてくれる。)
帰りは、ギャラリー前の(向かい側の)バス停から、毎時50分過ぎに通るバスに乗って、Guildfordへ。
バスのタイムテーブル(pdfフォーム)は<ここ
イギリスの田舎にありがちなことなのだが・・・日曜日はバスの便が走っていないのでご注意。

気候のいい頃なら、Guildford駅からハイキングという方法もある。<地図はここ
この地図の、緑丸+破線がハイキング道。ここを実際に歩いた経験上からいうと、片道3km以上あって、道が明確にはわかり難いので、イギリスの田舎のパブリック・フットパスを散策した経験のある方でないと、あまりお勧めはできないかな・・・。

TaxiはGuildford駅に常駐していて、10分程度の乗車でギャラリーに着く。2011年現在で、片道10ポンドから15ポンド程度かと(これは想像・・・。)

参考までに、Google Streetでギャラリーの入り口の映像。

View Larger Map


もう後数ヶ月で大改装オープンの予定なので、その折には再び「リニューアル・オープン」の様子を見に行きたいと思っている。そのときにはもう少し美しい画像でお届けできることかと・・・・。





関連記事

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kotomicreations.blog69.fc2.com/tb.php/148-c5856435
Listed below are links to weblogs that reference
Watts Gallery (ワッツ美術館) from Visual標本箱

Home > 博物館・美術館 > Watts Gallery (ワッツ美術館)

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails