Home > 日記 > 滞在@Le Château

滞在@Le Château

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2011-10-10 Mon 00:00:00
  • 日記
ここ数日、箱彫刻家ペーター・ガブリエルザおじさんと、Blurb本作りの真っ最中。
私の撮った写真で「Blurb本を作ろう!」というのが、ペーターおじさんへの、そもそものアプローチ。
やっとノルマンディーの写真の処理もすべてすんだので、本題のBlurb本の方に作業は移行。
けして、けして若くない我々が、Blurbのプリヴューシステム、EメールとNet電話を駆使してやり取りしているのは、なんだか可笑しくもあるのだけれど、またこのBlurb本作りの顛末は、そのBlurb本が出来上がってきた時にレポートすることに。

今回は、ペーターおじさんのLe Châteauからの最終回、私とDanaさんの滞在の様子。


Our little car @ Le Château
最初は我々の「足」。ロンドンでDanaさんと借り出して行ったレンタカー。

結局、大手のAvisで借りることにした。
いまどきのこととて、安いレンタカー屋はいろいろあるのだけれど、イギリス国外持ち出しができる(つまり、国外のカスタマーサービス体制が整っている)のは、やはり大手のみ。
ノルマンディーの港で借りることも考えたが、左ハンドル+マニュアル車というのはあまりにもDanaさんに酷なので、ロンドンで借りることにした。荷物をそれぞれの自宅から積み込めることもあって、この方法で大正解。
一番安いプジョーの2ドア小型車(あー、モデル名は私は覚えていないや・・・)ながら燃費のいい働き者。小柄な2人がノルマンディーあたりまで(スコットランドに行くより、コーンウォールに行くより近い・・・)ドライブする分には、これで充分だった。


Flers
シャトーの最寄の街Flers。シャトーに向かう途中この街で、まず滞在中の食品の買出し。

Le Château - annex - 478
シャトーでの、これが私たちの「家」、こと、アネックス。これも荒れ果てた納屋を改修したもの。
ここで5泊させてもらっていた。

Le Château - annex - 486
Welcome to our home・・・と、滞在中は本当にそう思っていた(笑)。

Le Château - annex - 506
ドアを入ったところがリヴィングスペース。

Le Château - gardens - 455
朝、窓から見える風景。なんてのどかな・・・。

Le Château - annex - 505
もう一つのソファ・・・というかデイ・ベッド。
実際に我々が寝ていたのは、ロフト上になった中二階の方のベッド。

Le Château - annex - 503
ダイニングテーブルには、庭の野草とりんごがステキにアレンジされている。

Le Château - annex - 481
キッチンの棚。

Le Château - annex - 491
ここが中二階の寝室スペースで、

Le Château - annex - 490
これが私のベッド。

Peter's cat, Pussier- 403
昼間は、私はたいてい撮影していて、Danaさんは、得意のイラスト入りトラベル・ジャーナルを制作。
これは水彩でイラストを描いているところ。 前でポーズしているのは・・・、

Peter's cat, Pussier- 402
もちろん、プシャー^^。

Lonlay-l'Abbaye - Brocante market day
ペーターおじさんに、日曜に各村を巡回して催される、ブロカンテ・マーケットに案内してもらった。

Lonlay-l'Abbaye - Brocante market day
ここの話はまた、いつか改めて・・・。

High and low tea @ Le Château - 551
マーケットの後は、ペーターおじさんが友人・知人を招いて、ティーパーティーを催してくれた。
「日本的なる物を・・・」とのリクエストに答えて、材料をロンドンで揃えていって巻き寿司を作る。
日本生まれながら、和食に縁のない私は、初のチャレンジ。
勝手知ったるDanaさんの指導の下作ったのだが・・・
楕円形とか、ペーズリー型のアーティーな変形寿司を(期せずして)制作して、Danaさんの爆笑を買う。
それでも、食べたら美味しかったからいいのさ。

High and low tea @ Le Château - 557
友人の友人・・・など、初対面の人も来るという話で、
展示室に急遽設営された、KotomiジュエリーとBlurb本の展示コーナー。
物置に入っている小物で一緒にディスプレイをしたのだけれど、
教授の前で、実技試験を受けている学生のような・・・ちょっと緊張した(笑)。

High and low tea @ Le Château - 544
お客様・・・お客様のダイニングルーム。Danaさんが右端にいる。

High and low tea @ Le Château - 543
ペーターおじさんを週に一回手伝いに来てくれる、友人のピーター。
同じオランダ人同士で、名前も似ているのだけれど、なんとなく後姿まで親子のよう。
クリスタルのペンダントを、ガールフレンドのマーシアに選んでいるところ。

High and low tea @ Le Château - 541
マーシアの作ったケーキとマフィンが、一番の人気。

High and low tea @ Le Château - 536
ペーターおじさんのおば様フレンドの、かわいいフランソワーズ。
おじさんがクリスタルのペンダントをプレゼント。
彼女はシャトーから30キロほど離れた、それはそれはステキな旧水車小屋に住んでいる。
ここにも夕食に招待してもらった。
彼女はブロカンテ・ディーラーで、B&B”Le Grand Moulin”も経営している。
フランス・フィガロ誌にも掲載された、彼女の素晴らしいコテージの様子は、次回に展覧予定。

Le Château - annex - 477
フランソワーズの手料理を堪能した翌日は、早朝から海岸方面に向けて出発の日。
アネックスの窓から、朝焼けを撮った。
5日間まるで自宅のようにくつろがせてもらった、Le Châteauともお別れ。
一抹の寂しさはあるのだけれど、なぜだか「お別れ」なのではなくて、
「始まり」なのだと心のどこかで知っている。
「おじさーん、来年もまた来るねー!!」と元気に手を振って、出発。
ペーターおじさん、本当にどうもありがとう、きっとまた戻ってくるから・・・そのときはよろしくね!!



関連記事

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kotomicreations.blog69.fc2.com/tb.php/270-1be818a3
Listed below are links to weblogs that reference
滞在@Le Château from Visual標本箱

Home > 日記 > 滞在@Le Château

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails