Home > イベント > ハンプトンコートパレス・フラワーショウ -1-

ハンプトンコートパレス・フラワーショウ -1-

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2010-07-09 Fri 10:40:57
  • イベント
今年もHampton Court Palace Flower Showのシーズンになった。

私と配偶者氏は渡英以来、つまりこの12年間毎年見に来ている。気まぐれイギリス天候のこととて、比較的天候の安定している(はずの)7月でもあてにはならない。ここ2年連続で豪雨(といっても20分程度の典型的通り雨)にヒットされている。確か4年前だと思うが、台風級の強風のため、我々の入場直前に会場閉鎖になったことまである。英国庭人たるもの、どんな天候であろうが大して気にかける様子も見せず、淡々と状況をEnjoyする・・・のだ。
幸い今年は連日うす曇。暑くもなく寒くもなくちょうどいい天候。

例年近所の船着場から、ボート便で向かう。うちもHampton Courtもテムズ川沿いで、20分弱のボート・トリップ。


Our local boat and the captain 08/07/10

我々のローカル・Parrボートとフラワーショー・モード万全の船長。


Flower show from the river Thames

個人ボート、Richmond, 特設駐車場のあるWalton等からも続々ボート到着の楽しい川辺。



ショウ自体は、クレジット・クランチのあおりで、メイン・スポンサーだったメリル・リンチを失い、昨年来多少パワー・ダウンしている。しかし、本来の地味な英国庭人にはショウマンシップは不要、これぐらいがちょうどいい。
今年のテーマはシェイクスピア。Rose marquee(薔薇館)では「真夏の夜の夢」のコスチュームとともに薔薇のディスプレイ。


Midsummer night dream costumes

Midsummer night dream costumes

コスチューム・オタクの私には「花よりコスチューム」


Roses

園芸好事家でない悲しさ、それぞれの名前は知らない。
The Name of the Rose・・・薔薇は薔薇という名前なくしても美しい。


Roses


Rose girl

薔薇と美の競演のお嬢さん


Astrantia major

薔薇とは対照的に、地味だがナチュラルな味わいのあるアストランティア・メージャー


ショウ・ガーデン、シェイクスピア・ガーデン等、続きはまた明日。







関連記事

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kotomicreations.blog69.fc2.com/tb.php/4-97c5e957
Listed below are links to weblogs that reference
ハンプトンコートパレス・フラワーショウ -1- from Visual標本箱

Home > イベント > ハンプトンコートパレス・フラワーショウ -1-

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails