Home > 装飾アート/デザイン > 箱彫刻家Peter Gabriëlse(ぺーター・ガブリエルザ)新作

箱彫刻家Peter Gabriëlse(ぺーター・ガブリエルザ)新作

ノルマンディー話の最初は、やはり・・・ペーターおじさんの作品から、ということで、今回の標本箱は、この夏新たに撮影してきた箱彫刻の作品たち。

今年から、冬と春に、オランダ・アムステルダム郊外やユトレヒトで開催されるアート・フェアに出展するようになってから、急に作品がたくさん動き始めたPおじさん。
昨年の夏に作ったカタログからも「売り切れ」のものが出てきて、また新作も加わっているので、カタログを作り直す必要がある。
また、この秋冬で完成予定の作品もあるそうなので、来年1月のアムス郊外・ナールデンのフェアで完成直後の新作を撮影して、カタログを作り直す話にまとまった。

25-67x51x12-22-1642 copy
No.25 67x51x12cm
(左に全体像、右側がディティールの写真。)

26-77x52x14-1715 copy
No.26 77x52x14cm

28-81x46x11-1670 copy
No.28 81x46x11cm
上2作品は、「新作」ではないのだけれど、オランダのディーラーの元にあった作品で、
昨年のカタログ用撮影からは、もれてしまっていた。
なので、改めて撮影。

27-56x48x10-24-1659 copy
No.27 56x48x10cm

29-58x38x12-1691 copy
No.29 58x38x12cm
おじさんの作品は、時々とてもよく似た構造(内装?)のものがあって、
自称キュレーターの私でも、撮影済みのものか、未撮影のものか、
いちいちカタログを調べてみないと解らないときがある・・・。
これも解らなくなった作品の一つ。

30-66x33x13-2099 copy
No.30 66x33x13cm

31-68x47x11-12-1650 copy
No.31 68x47x11cm

32-81x54x13-1053 copy
No.32 81x54x13cm
この作品、とりわけフレームの色合いとテクスチャーがきれい。

33-67x32x14-1070 copy
No.33 67x32x14cm
正面写真なので解りにくいけれど、フレームになっている
(多分)アンティークキャビネットの扉板が、手前に出っ張ってカーヴしている。

34-20-044-37 -1419 90x51x14-copy2
No.34 90x51x14cm
二階建てで、下の階段がスリットから少しだけ見えている。

35-24-64x56x16-1067 copy
No.35 64x56x16cm
おじさんにしては珍しいゴールド系。

36-88x45x13-2105 copy
No.36 88x45x13cm
2本立っているのは、実寸のキャンドル。
ちゃんと灯して使われた様になっている。

37-1064 copy
No.37 
これも新作ではなくて、以前の作品。
去年のカタログ撮影の前に、壁から転落する事故で、フレームがばらばらに壊れていた。
中の「部屋」は無傷だったので、今回新たな額に嵌め込まれて、「新作」となった。
そんな話をしていたら・・・、サイズ測り忘れていた。

38-1072 copy
No.38
これもディーラーから戻ってきた作品。
私たちが、最初に3年前のロンドンのフェアで目にしたのは、この作品。
この作品に「一目惚れ」して、ノルマンディーまで押しかけフォトグラファー、
挙句の果てに、勝手にキュレーターと化している、のだった(笑)。
まぁ、みんなハッピーなのでよしとしよう^^。

Peter Gabriëlse- box sculpture- cat.p.70
Cat.P.70 106x57x14cm  カタログNo.P.70の作品。
すでに撮影しているけれど、スリガラスが嵌め込まれていて、後面から光が当たると、
まったく違った表情を見せる作品なので、撮りなおしてみた。
あぁ、この中に入っていってしまいそうだ~。


で、次回は箱の中に入ってしまったらこうなった・・・という例の、ル・シャトーのインテリア。
毎年撮ってるけれど、それでも飽きない、フォトジェニックぶり、なのだった。

関連記事

Home > 装飾アート/デザイン > 箱彫刻家Peter Gabriëlse(ぺーター・ガブリエルザ)新作

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails