Home > 博物館・美術館 > Museum of Cambridge (ケンブリッジ博物館) -1-

Museum of Cambridge (ケンブリッジ博物館) -1-

モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


ケンブリッジに再び標本箱は戻っていって、今回はケトルズ・ヤードの隣(というか、裏というか)にある、Museum of Cambridge (ケンブリッジ博物館)のイメージを。
以前は、Cambridge & County Folk Museum(ケンブリッジ州民俗博物館)と呼ばれていて、1936年に町と大学の有志によって、「一般大衆に、ケンブリッジ州で急速に失われつつある、地域社会の暮らしへの関心を呼びさます」ことを目的として、開設された。
この博物館が収められている、17世紀建造木造造りの建物は、旧White Horse Inn (ホワイト・ホース・イン)。
Inn(イン)というのは、いわゆる旅籠で、1階に馬や馬車をつなぐコートヤードと、パブのような飲食店、上階に宿泊用の部屋を備えたもの。なので、このミュージアムでも、その当時のキッチンや部屋が保存されていて、そこにうまく展示品が組み込まれて、ディスプレイされている。


The Museum of Cambridge
コートヤードの方、つまり裏口の方から見た建物。

The Museum of Cambridge
コートヤードにカフェ・スペースがあるけれど、
カフェがオープンしているのは、週末のみ。

The Museum of Cambridge
その壁に沿って並ぶ石彫は、
このエリアにあった給水場を飾っていたもの。

The Museum of Cambridge
中の展示室に入って、最初に目につくのが体重計。
その奥のスペースは、もともとはエールなどを保管サーヴする、
ドリンク用のエリアだったよう。

The Museum of Cambridge
体重計には「人間用」の表示。
つまり、芋や豚を量っても正確性は保証しませんよ、ということ?
ちなみに、UKの従来の重さ表記はストーン/ポンド制。
1ストーンは6.35kgで、1ポンド(Lb)は0.45kg。
14ポンドで1ストーンになるという、訳のわからん単位。
幸い21世紀に入って、kg表記の方が主流になっているので助かる。
未だに時々マーケットの野菜などで、
ポンド表記に出くわしたりすることもあるけど。

The Museum of Cambridge
ドリンク用のエリアには、「歴史的」パブ・グッズが展示されている。

The Museum of Cambridge
その一角にあった、クラウンマークの何かの商標?

The Museum of Cambridge
その前の部屋が、元々は飲食用のテーブルが置かれていたところ。
大きな暖炉が保存されている。
暖炉の中にも、その昔の暖炉用調理用品が展示されている。

The Museum of Cambridge
資料を、ちゃんと写してこなかったけれど、
19世紀前半のGaudy Welsh(ゴーディ・ウエルシュ)っぽい???
中国や日本の伊万里等のパターンが、
形だけ模写しようとして、デフォルメされてしまって、
意図不明のパターンになっているのが、面白かったりする。

The Museum of Cambridge
当時のパブ・ゲーム。
コインを滑らせて、板の端のバーにバウンドさせて、
戻ってきたものが、線にかかったらポイントになる・・・みたいなゲーム。
配偶者氏、実演中。

The Museum of Cambridge
その次の部屋は、キッチン。

The Museum of Cambridge
アンティークなキッチン・クリーニング用品が、
箱アート風に詰込まれた展示。

The Museum of Cambridge
テーブルの上には・・・、

The Museum of Cambridge
その昔の駄菓子の展示。
こういうキャンディー類のことを、
boiled sweets(ボイルド・スイーツ=溶かせた砂糖菓子)とも呼ぶ。
ウチの配偶者氏用語なのだけれど、もしかして半死語?
あるいは、レトロに乗じて復活語?

The Museum of Cambridge
窓のそばには、スケール(ハカリ)やら、手前にあるのは、
洗濯物を絞るRoller wringer(ローラー・リンガー)。
幼少の頃のかすかな記憶で、
ウチで昔使っていた洗濯機に、こんなのが付いていたのを覚えている。
若い人は、回転する脱水機しか知らんでしょう・・・ぁん?(笑)

The Museum of Cambridge
リンゴの皮むき器のメカ部分が、
インダストリアルしていて、クール。

The Museum of Cambridge
扉で閉められるようになっている、小さな洗い場。
業務用にしては、すごく小さいと思うのだけれど・・・。

The Museum of Cambridge
部屋の奥の方に展示されている、掃除機達。
右手前のは、19世紀当時、新発明手動式のもので、
確か上のバーをキコキコ動かして、ふいごの風力で吸い込む様な構造だったと思う。
1人では操作出来なくて、キコキコする人、吸い口をを動かす人チームで操作するもの。
ホウキかブラシで掃いた方が、よっぽど速いんじゃないかと?

The Museum of Cambridge
キッチンの奥の階段を2階に上がったところ。

ここから階上部は次回の標本箱で。



Museum of Cambridge (ケンブリッジ博物館)
2/3 Castle Street, Cambridge, Cambridgeshire, CB3 0AQ

開館: 火~土 10:30am - 5:00pm、 日・祝日 12:00 - 4:00pm  閉館:月
入場料: 大人£4、 60歳以上£2、 12歳以下無料。











関連記事

Home > 博物館・美術館 > Museum of Cambridge (ケンブリッジ博物館) -1-

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails