Home > 日記 > From Bussum-Zuid (アムステルダム郊外、バッサム・ズイド滞在中)

From Bussum-Zuid (アムステルダム郊外、バッサム・ズイド滞在中)

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2016-01-28 Thu 22:29:58
  • 日記
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


滞在中のアムステルダム郊外、Bussum-Zuid (バッサム・ズイド)のホテルから更新中。
アムステルダム滞在の最初の2日のイメージを、アンドロイド写真で。
ちょうど先月、携帯をカメラ機能の向上したMoto X Styleに買い換えてよかった。一眼レフには及ばないけれど、まずまず見られる写真が格段に速くUPすることができるようになった。本格的な写真はまた後ほど、ひとまず、モバイル・スナップ写真を。


From Heathrow T4 to Schiphole, morning flight.
まずは、Heathrow(ヒースロー)から、離陸。
今回はKLM(オランダ航空)で飛んだので、ターミナル4からSchiphole(スキポール)へ。

Peeping coast line through heavy clouds.
昨日はロンドン、アムステルダムともに一日中雨が降ったりやんだり、
その上嵐っぽい暴風が突発的に来る。
空はドンテン曇り。
その雲のマットレスの間が少しほころびて、
イギリス南岸の海岸線が、ちらっと透かして見える。

Fly to Amsterdam.
空の上はこんなに明るい。

Amsterdam Centraal Station.
西からの強風に乗っかって、私の乗った便は、
1時間25分のフライト時間を、ぶっちぎりで短縮して、
45分でスキポール着陸。
そのまますぐに鉄道に乗り込んで、アムステルダム中央駅到着。
ここでコインロッカーに荷物を預けて、身軽にしてから、
アムステルダムの街を散策。

Amsterdam, winter, canal.
風は強いものの、雨が収まって、街中をを散策するにはラッキー。

Bag and Purse Musrum, Ansterdam.
今回はまずMuseum of Bags and Purses(バッグ・パース博物館)へ。

Bag and Purse Musrum, Ansterdam.
ここにはV&A級の、17世紀以降の
バッグやサイフのコレクションが収蔵展示されている。
刺繍やらビーズワークなどの手工芸の歴史的サンプル、
という意味でも、見ていてとても面白い。

Bag and Purse Musrum, Ansterdam.
奇想天外な素材を使ったバッグ・・・などというものもあって、
最初に想像していたより、ずっと内容が濃くて楽しめた。
また一眼レフ写真が出来上がってきたら、標本箱にも詰め込むことに。

Nationaal Brilmuseum en Brillenwinkel, Amsterdam.
その次は、これも超マイナーな博物館で、Brilmuseum(メガネ博物館)。

Nationaal Brilmuseum en Brillenwinkel, Amsterdam.
ヴィンテージメガネ屋の3-4階に設置された、
キャビネット・オブ・キュリオシティーという感じのところ。

Nationaal Brilmuseum en Brillenwinkel, Amsterdam.
規模は小さいのだけれど、展示の仕方が濃いくて、
フォトジェニックなオブジェが多数。

Nationaal Brilmuseum en Brillenwinkel, Amsterdam.
ちょっと不気味な感じも、個人的にツボ。

de Weldaad, Amsterdam, my favourite shop. www.weldaad.com/webshop
アムステルダムで一番お気に入りの店、de Weldaad
ここもかなりキャビネット・オブ・キュリオシティーの感あり。

de Weldaad, Amsterdam, my favourite shop. www.weldaad.com/webshop
だけれども・・・、私の目当てはインド製のハンドメイド・リサイクルグラス類。
オブジェ製作用に幾つか仕入れ。

de Weldaad, Amsterdam, my favourite shop. www.weldaad.com/webshop
欲しいものはキリがないぐらいあるけれど、
持って帰れる範疇に留めるべく、注意・・・。

Peter Gabrielse, box art, exhibiting in Kunst&Antiek Werkend, at Grote Kerk, Naarden, The Netherlands.
今回のアムステルダム出張の、メイン・イベントがPおじさんの出店する、
Kunst und Antiek Weekend(アート・アンティーク・ウィークエンド)というアートフェア。
毎年この会場に呼んでもらって、
おじさんの新作と会場風景を撮影する。

Peter Gabrielse, box art, exhibiting in Kunst&Antiek Werkend, at Grote Kerk, Naarden, The Netherlands.
今年も魅力的な新作が展示されている。

Peter Gabrielse, box art, exhibiting in Kunst&Antiek Werkend, at Grote Kerk, Naarden, The Netherlands.
今年は、撮影してサイズを測り、価格を記録して、
写真が出来上がり次第、また、おじさんのアーカイヴに追加する。
もし、売れないで残っていたら、SaarchiArt.comにも出展を予定している。

Peter Gabrielse, box art, exhibiting in Kunst&Antiek Werkend, at Grote Kerk, Naarden, The Netherlands.
この箱に収められているジーザス先生は、1700年頃のアンティーク。
風格が違う・・・。

Peter Gabrielse, box art, exhibiting in Kunst&Antiek Werkend, at Grote Kerk, Naarden, The Netherlands.
人気の図書館シリーズ。

Peter Gabrielse, box art, exhibiting in Kunst&Antiek Werkend, at Grote Kerk, Naarden, The Netherlands.
大工なアトリエ。

Peter Gabrielse, box art, exhibiting in Kunst&Antiek Werkend, at Grote Kerk, Naarden, The Netherlands.
書類が乗っかったデスク。
などなど、今年も撮影していて楽しめる。


さて、撮影仕事とネット展開の打ち合わせを済ませて、明日・明後日はまた自由時間。初めてDen Hague(デン・ハーグ)の美術館・博物館を訪れる予定。
また、ロンドンに帰ったら、まずはモバイル写真の「速報」シリーズから、標本箱に詰め込んでいきますよ。







関連記事

Home > 日記 > From Bussum-Zuid (アムステルダム郊外、バッサム・ズイド滞在中)

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails