Home > 博物館・美術館 > Mechelen Toy Museum (メヘレンおもちゃ博物館)

Mechelen Toy Museum (メヘレンおもちゃ博物館)

モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


一昨日終わった2015-16年度のセルフ・アセスメント(確定申告)終わった~。これでまた一つ用事が片付いた。
英語で仕事や業務を、締め切りぎりぎりまでやらない人のことを、Procrastinator(プロクラスティネーター)というのだと、自称プロクラスティネーターの友人に教えてもらったことがある。
自分はまるでその逆で、反語としてPrecrastinator(プレクラスティネーター)というのがあるとしたら(ない、ない、自分の造語)、まさしくそれにあてはまる。
難儀そうで不安なこと、できるかできないかわからないことから、作業にとっかかっていく性分。
得っていえば、得な性分だけれど、土壇場ではキレて全部投げ出してしまう豪快(?)キャラだとよく自覚しているので、社会生活を営む上で自ずとこうなったまでで、自分を追い込んでキレるはめにならないように、極力注意している(笑)。
プロクラスティネーターっていうのは、最後の追い込みをかけられる自負がそうさせるのでは???

閑話休題・・・。
前回に「メヘレンの最終回で」、なんて書いていたけれど、あまりにも雰囲気が違うので忘れていた・・・、この博物館もメヘレンだったよ。 その古風な町とは別物のMechelen Toy Museum (メヘレンおもちゃ博物館)からのイメージ。
ここは、メヘレンの町の中心部からは少し離れた感のある、もう一つの駅Mechelen-Nekkerspoel(メヘレン・ネケスポール)駅の真横にある。 Pおじさんの出店していたEurantica(ユーランティカ)アートフェアの会場、Nekkerhal(ネカホール)もこの駅の近くなので、会場に撮影に行った帰りに立ち寄ってみた。
全体的に近年のおもちゃが多くて(つまり70年代以降の、プラスチックなおもちゃ達)、古い物好きの私には今ひとつだけれど、子供だと帰りたくなくなるかも・・・な、物量。おもちゃの殿堂状態。
その中から、自分のフィルターに引っかかってきた古っぽい奇妙なモノ達のイメージを中心に。


Mechelen Toy Museum
やっぱりミニチュア好きなので、こういうミニチュア・ショップは外せない。
19世紀のものかと。

Mechelen Toy Museum
おもちゃ博物館にある、ミニチュアのおもちゃ屋さん。

Mechelen Toy Museum
万屋さんの右側は日用品で、左側は食料品コーナー。
パッケージが凝っている・・・。

Mechelen Toy Museum
不気味系おばあちゃんの服飾材料店。

Mechelen Toy Museum
食料品店。

Mechelen Toy Museum
人形の家。

Mechelen Toy Museum
子供向けかどうかは疑わしい、ミニチュア・バー。

Mechelen Toy Museum
オママゴト・キット。
オママゴトって「お母さんごっこ(=Mamaごっこ)」のことだとずーっと思っていたら、
ままごと(飯事)から来てるんだと・・・Wikiで知った。
Wikiにも書かれてるけど、私もMamaのことだと疑ってもいなかったよ・・・。
いやー、日本語ってビミョーだわ・・・。

Mechelen Toy Museum
人形たち。

Mechelen Toy Museum
この子たちは服のデザインから、もう20世紀に入って50年代頃かも。
たくさん集合すると、どことなく不気味系な人形たち。

Mechelen Toy Museum
ベルギーの街並み風に作られたキャビネットに展示されている。

Mechelen Toy Museum
影絵やら、

Mechelen Toy Museum
視光学系オモチャ。

Mechelen Toy Museum
中世のオモチャの部屋。
主にブリューゲルの絵画から、中世の子供の遊び・玩具を検証している。

Mechelen Toy Museum
港町の呑み屋の「大人の玩具」ってなんだか、響きが怪しいな。
要は、UKでいうと、パブ・ゲームを展示・解説する部屋。
ビリヤード、ダーツ、カードゲームやコイン投げなど。

Mechelen Toy Museum
手着彩(?)のトランプ。

Mechelen Toy Museum
Eye of Providence(全能の目)が見ているので、
博打もほどほどにね。

Mechelen Toy Museum
キリがないぐらい展示されてる、ぬいぐるみの部屋。

Mechelen Toy Museum
ぬいぐるみには耐性ある方なのだけど、これはカワイイ・・・やられた(笑)。
9ピン・ボーリングなんだと思う。真ん中の猫の王様を倒したら勝ち、かな?

Mechelen Toy Museum
幼少時の積み木マニアとしては、こんなので遊びたかった。

Mechelen Toy Museum
ネオクラシカルな宮殿、今でも作りたい。

Mechelen Toy Museum
Batimaと呼ばれる、レゴの祖先。
1905年にベルギーで開発された初期プラスティック、カゼインで作られたブロック。
20~50年代に販売されていたもの。

Mechelen Toy Museum
この石目調の質感いいなぁ。
幼少時代レゴ建築マニアとしては、真っ白プラスチッキーなレゴより、
これで建築ごっこしたかったよぅ。
ebayにでも出てないかと思わずサーチしてしまった
(残念ながら何も出ていなかった・・・。)

Mechelen Toy Museum
男子系の戦争ごっこオモチャの部屋。
これはBattle of Waterloo(=ワーテルローの戦い)を再現した鉛の兵隊の大規模なキット。
いやまぁ、いつでも勝ち組の英人はウォータールー
(ワーテルローの英語読み、ちなみに、ウチのターミナル駅もこの名前)、
ウェリントン公(ワーテルローの戦いでナポレオン仏軍を破った英将軍)とか聞くと、
エキサイトするのだけれど、
自分などはオモチャでも戦争ごっこを見ていたら、
「もういいかげんやめなさい」と思ってしまうのは・・・、齢のなせる業か(?)。

Mechelen Toy Museum
やめときなさいってば(笑)。

Mechelen Toy Museum
最後の部屋は、ヨーロッパ以外の世界各地のオモチャの紹介。

Mechelen Toy Museum
最後は、アフリカのどこかの国の、ブリキ缶から作られたトラック。
なんだか、アートしている。




Mechelen Toy Museum (メヘレンおもちゃ博物館)
Nekkerspoelstraat 21, B-2800 Mechelen, Belgium

開館:火~金 10 am ~ 5 pm、
閉館:月曜、12月24/25/31日、1月1日

地図:




*************************

by KotomiCreations

Etsy            Flickr            Instagram



関連記事

Home > 博物館・美術館 > Mechelen Toy Museum (メヘレンおもちゃ博物館)

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails