Home > 場所 > Sé de Lisboa (リスボン大聖堂)

Sé de Lisboa (リスボン大聖堂)

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2017-07-19 Wed 18:44:39
  • 場所
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk


Etsyショップ:夏休みのお知らせ。
8月1日(火)~8月22日(火)の間、
Etsyショップは夏休みで、クローズになります。
よろしく、ご了承ください。



気がついたらもう・・・、夏休みのお知らせを載せる時期になっていて、時間が過ぎるのが早すぎる・・・まったく。
夏休みというのは、つまり、また今年も恒例のノルマンディーは、Pおじさんのアネックスに、Danaさんと滞在する予定。
近年は、おじさんのローランド(オランダやベルギー)でのフェアに呼ばれていて、そこで新作撮影が済んでしまう。
つまり、夏の間の作品撮影はほとんどないわけで、ル・シャトーも、もうさんざん撮ったし・・・ということになると、「撮影がなかったら、庭仕事手伝わんかね?」と、おじさんにうまいことそそのかされ、農場の季節労働者・・・という状況になりつつある。
まぁ、ジム行かないで、だらだら食べて飲んで寝ころんでいると、中年としては、3週間でオソロシイ体形になりそうなので、エクササイズ兼ねて庭仕事は大歓迎。
今年は、日光アレルギー対策の巨大麦わら帽子も買ったし、自分の手のサイズの革ガーデニング・グラブも買ったし、労働体制も万全。

標本箱の方は、ノルマンディー便りになる前に、なんとか春のリスボンの話を済ませたかったけれど・・・あぁ、もうムリムリ、絶対ムリなことだけがわかっているので、なすがまま・・・いけるところまで行くことに。

さて、そのリスボン話、前回のAlfama(アルファマ)地区を散策して、たどり着いたのがSé de Lisboa (リスボン大聖堂)。
今回はそのイメージを。


Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
リスボンで一番古い教会だそうで、12世紀ロマネスク様式。
1147年のレコンキスタ後に、リスボンの主モスクの跡地に建てられた。
とはいうものの、ここも18世紀の大地震で大きくダメージを受けて、
現在の形にまで修復されたのは、20世紀に入ってからなのだそう。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
主祭壇の部分は、震災後の復興時に建て直されたもので、
バロックとネオ・クラシカルが軽く入り交じった感じ。
この震災で破壊されたのは大半、
13世以降のゴシック様式の拡張部分のようなので、
様式としては、窓の少ない柱のどっしりしたロマネスク様式の方が、
随分丈夫なんだろうな・・・。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
パイプ・オルガンは、こってりバロックな雰囲気。
ちなみに、英文Wikiによると、再建された18世紀当時は、
内外ともに、もっと如実にバロック/ネオ・クラシカルに飾られていたらしい。
20世紀初頭の改修時に、より中世的な様相に戻すために、
バロック/ネオ・クラシカルの装飾が取り除かれたのだとか。
なので、全体にシンプルなスタイルとなっている。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
提げられたThurible(シュリブル=振り香炉)が装飾的で、美しい。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
エントランス上部のバラ窓。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
これが古い(13世紀)のもののようでもあり・・・、
それにしては完璧にきれいにできすぎてるので、
古い様式で20世紀に作られたもののようでもあり・・・、
なんとも判別がつかないと思ったら・・・、

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
12-13世紀のステンドグラスの断片を繋いで、
20世紀に修復されたものなのだそう。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
Ambulatory(アンビュラトリー=主祭壇後ろの、回廊部分)より先は、
博物館になっていて、入場料を払って入る。
このあたりは、修復されたゴシック様式のものかと。

この連続したチャペルの一角に、扉があるので外へ出てみる。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
その先にはクロイスター。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
それも発掘・修復途中の状態を見ることができる。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
これはアプスからの出入り口を振り返ったところ。
左側の部分は、それぞれがチャペルだった部分。
これらが、18世紀の大地震で、破壊された。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
クロイスター中庭部分で、
中世、アラブ、ローマン期の遺構が発掘されている。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
そう言われてみると、
下の方に薄いタイルのようなレンガが収まっているのに気がついて、
これは、ローマ期のレンガに違いない・・・。


Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
ゴシック期の文字が刻まれた、建築の断片。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
どこでもそうなんだけれど、クロイスターにとてもソフト・ポイントあり。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
どこを撮っても、フォトジェニックだし・・・。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
クロイスターの周囲のチャペルには、中世の墳墓が残る。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
チャペルの一つには、装飾的なフェンスが。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
もう一度アンビュラトリーに戻って、
多分14世紀頃の素朴な聖母子。

Sé de Lisboa (Lisbon Cathedral)
Source: Wikimedia
正面写真はいつも撮り忘れるので、借り物で。



地図:





*************************

by KotomiCreations


Kotomiジュエリー - 東京・共同展示会のお知らせ。

DM-Ginza-Yumi-sept-2017

*************************


Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2



関連記事

Home > 場所 > Sé de Lisboa (リスボン大聖堂)

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails