Home > 場所 > "Ryan's Daughter", Clapham, London(「ライアンズ・ドーター(ライアンの娘)」ライフ・スタイル・ショップ・オープン)

"Ryan's Daughter", Clapham, London(「ライアンズ・ドーター(ライアンの娘)」ライフ・スタイル・ショップ・オープン)

  • Posted by: Kotomicreations
  • 2018-04-27 Fri 17:54:07
  • 場所
モバイル用、
Bloggerバージョン
Mobile version on Blogger:
http://kotomicreations.blogspot.co.uk



2018年9月15日アップデート: 
5ヶ月のパイロット期間が満了して、
残念ながら「Ryan's Daughter」のお店は、本契約に至らず閉店が決定しました。





以前・・・というのは5-6年前だけれど、時々標本箱に登場していた、アンティーク・ディーラーJosephine Ryan(ジョセフィーヌ・ライアン)のお店(たとえば<このページ>)。
リンクを張った、Chelsea(チェルシー)のお店は、諸般の事情が重なって2年前に閉店、その後 Decoratelive Fair(デコラティヴ・フェア)でも、彼女を見かけなくなって、すっかりご無沙汰状態だった。
その間、彼女の方は実家のアイルランドで休養して、昨年ロンドンに戻ってきたら今度は病気で倒れてしまう。
幸い後遺症もなく健康が回復して、そろそろまたなにか活動をしようとしていたところに、ライフスタイル・ショップのキュレーター(監修者)のポストが舞い込んできた。そのショップというのが、彼女が20年ちかく前に経営していたアンティークショップのあった、Clapham(クラッパム)のAbbeville Road(アべヴィル・ロード)の、それもまさしく同じ番地の、同じお店にオープンするという・・・、なんともいえず奇遇な話。
子供が2人できたので、閉めざるを得なかった、20年前のこのお店は、いつも明るくて、地域の人の人通りが絶えず、そこのお店にはハッピーな思い出ばかりだったのだそう。 そこよりはずいぶん高級なエリアだけれど、専門のディーラーしか出入りしない、ちょっと暗くて天井の低い感じのチェルシーのお店は、オープンしてみたものの、実際には、いまひとつ好きになれなかったとも。
(確かに一時ライフスタイル系のお店が集まって、センスのいい小さなヴィレッジを作っていたチェルシーのこの通りも、一段と激しい地価・賃料の上昇で、1件抜け2件抜けで、5年ぐらい前に、私が雑誌取材で訪れた頃のお店のラインナップからは、すっかり様変わりしてしまっている。)
そんなわけで、奇遇にも、そのハッピーな思い出の店に再び戻ってきて、心機一転、新しいスタートのジョセフィーヌのお店を早速訪れてみた。




こういった事情は、すべて、インスタグラムから。
ジョセフィーヌがインスタグラムを始め(www.instagram.com/jryanantiques)
それとほぼ同時期にこの@ryans_daughter_london
(www.instagram.com/ryans_daughter_london) ともフォローしあって・・・
明らかに、ジョセフィーヌのショップなのだけれど、
前に花が並ぶ!? という新しい展開。
これは見に行くしかあるまい・・・というのがきっかけ。


Ryan's Daughter - New Shop - Officially Open today
4月のロンドンが、まるで夏のような日差しになった土曜日、
地下鉄クラッパム・サウス駅と、クラッパム・コモン駅の中間にある、
Ryan's Daughter(ライアンの娘)」のお店へ。

Ryan's Daughter - New Shop - Officially Open today
以前のお店のウェブサイト用商品撮影をお手伝いしていたので、
見覚えのある「ジョセフィーヌ色」のものがいろいろ。

Ryan's Daughter - New Shop - Officially Open today
この日が公式オープンの日で、
すでにお客さんがひっきりなしに入ってくる。

Ryan's Daughter - New Shop - Officially Open today
この日はお店に、ジョセフィーヌの姿はなくて、
お店を切り盛りしていたのは、バッグデザイナーのZoe(ゾエ)。
で、ジョセフィーヌの方は、広報も兼ねて、Brixton(ブリクストン)の、
The Department Sore(デパートメント・ストア)で開催中の、
マーケットにPop-upショップを出店中だそう。
あ、だから、彼女の方のインスタの方には、
ブリクストンのマーケットの情報が載っていたわけだ。

Ryan's Daughter - New Shop - Officially Open today
彼女の作るバッグ達、Mon Cabas
バッグの持ち手、付属のポーチを、選べる、付け替えられるというもので、
素材は、ヴィンテージのインテリア・ファブリックが中心。

Ryan's Daughter - New Shop - Officially Open today
あまりの夏日に、真夏のスタイルだった私は、
この夏仕様の、デッキチェア用の生地を使った・・・
というバッグに、一目惚れしてお買い上げ・・・。

Ryan's Daughter - New Shop - Officially Open today
夏日でバテ気味の彼女の犬君。

Ryan's Daughter - New Shop - Officially Open today
その奥には、ジョセフィーヌの出した本を始めとして、
テイストに沿った、ライフスタイル・インテリア本も並ぶ。

Ryan's Daughter - New Shop - Officially Open today
そのまた奥の部分は、フロリストSash Flowersのスタジオ。
つまり、このお店は出資オーナーが、
ジョセフィーヌを商品キュレーターにして、
バッグデザイナーやフロリストとの、
コラボレーションで運営されているお店なのだった。

Ryan's Daughter - New Shop - Officially Open today
他にもまだ入荷待ちだけれど、コペンハーゲンの、
オーガニック・ホームウェアのブランドAIAYU
のアイテムも取り揃えるとのこと。

この後、私はBrixtonのThe Department Storeのマーケットに移動して、
2年ぶりにジョセフィーヌに再会。
話しているうちに、Kotomiジュエリーを、
トライアルで扱ってみてもらうことに、話がまとまった。
そこで・・・、マーケットが終わって、分散していた商材がお店に戻り、
落ち着いた頃の、昨日木曜日に、ジュエリーと共にお店を再訪した。

Ryan's Daughter, Clapham, London
おぉ・・・巨大シャンデリアが入って、お店はパワー全開。

Ryan's Daughter, Clapham, London


Ryan's Daughter, Clapham, London
そして、カラス君たちが身につけているのが、Kotomiジュエリー。
以前のお店で、クリスマス時期のイベント用に
ジュエリーを扱ってもらっていたことがあって、
その時にも、彫像も、剥製もKotomiジュエリーを着けていた。
その方法がこのお店でも。

Kotomi jewellery installed to Ryan's Daughter, Clapham, London
ダークな色が、よくお似合い。

Kotomi jewellery installed to Ryan's Daughter, Clapham, London
キジ君は「聖心」のペンダントを。

Kotomi jewellery installed to Ryan's Daughter, Clapham, London
彫像にも3つ着けていただく。

Kotomi jewellery installed to Ryan's Daughter, Clapham, London


Kotomi jewellery installed to Ryan's Daughter, Clapham, London


Kotomi jewellery installed to Ryan's Daughter, Clapham, London
そんなわけで、13アイテムを納品。
ひとまず、委託でトライアルなので、動くようなら今後も、
難しい場合は、引き上げる可能性も、もちろんあり。
なのでまだウチのジュエリーのウェブサイトで、
「取扱販売店」のセクションには入っていないのだけれど、
うまくいくことを祈ってます(笑)。

Ryan's Daughter, Clapham, London
商材がまとまって、一段と、スタイルが出来上がってきたお店。

Ryan's Daughter, Clapham, London


Ryan's Daughter, Clapham, London


Ryan's Daughter, Clapham, London


Ryan's Daughter, Clapham, London
前回は、バッグを買ったのだけれど、暑い夏日にその後、
ブリクストンに回りたかったので、お花には手を出さなかった。
今回はちょっと荷物だけれど、まっすぐ帰るので、
お花を連れて帰りたくなって、一番下に写っている、
黄色いラナンキュラスのブーケを連れて帰った。

Flowers by Sascha Rothing
いい感じです^^。

南ロンドンに寄られることがあれば、
ぜひ覗いてみてくださいね。


"Ryan's Daughter"「ライアンズ・ドーター(ライアンの娘)」

63 Abbeville Road, London, SW4 9JW

10am - 19pm 当面は毎日オープン。

地図:







*************************

by KotomiCreations



Etsy     Contrado     Flickr     Instagram




KotomiCreations - Contrado shop item detail
(デジタル・プリント雑貨 - コントラド・アイテム詳細)
Page1, Page2





関連記事

Home > 場所 > "Ryan's Daughter", Clapham, London(「ライアンズ・ドーター(ライアンの娘)」ライフ・スタイル・ショップ・オープン)

タグクラウド
月別アーカイブ
リンク
現在使用のカメラ・レンズ
カテゴリー
Contact / お問い合わせ

Return to page top

Related Posts with Thumbnails